長谷部辰連

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長谷部 辰連(はせべ たつつら / ときつら、1844年天保15年5月)- 1910年明治43年)6月12日)は、幕末福井藩士明治期の官僚政治家。官選山形県知事元老院議官貴族院議員錦鶏間祗候

経歴[編集]

福井藩士・長谷部恕連の長男として生まれる。

明治5年1872年)、政府の会計事務局に出仕。以後、箱館裁判所民政掛監察兼外国掛、徴士箱館産物取締御用、開拓使御用掛、開拓権判官、開拓少判官、開拓中判官などを歴任。1873年9月より樺太支庁に在勤。樺太・千島交換条約の実施のため、1875年8月、理事官に就任した。その後、工業局長、開拓大書記官、兼石狩河口改良事務長などを務める。

1886年2月、開拓使廃止に伴い工部大書記官に就任。以後、札幌工業管理局長、農商務省大書記官、札幌工業事務所長などを歴任。

1886年1月、元老院議官に就任。1889年12月、山形県知事に登用され、1894年1月まで在任。1897年12月28日、錦鶏間祗候を仰せ付けられる[1]1905年1月29日、貴族院勅選議員に任じられ[2]、死去するまで在任した。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4350号、明治31年1月4日。
  2. ^ 『官報』第6474号、明治38年2月1日。
  3. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  4. ^ 『官報』第2584号「叙任及辞令」1892年2月15日。
  5. ^ 『官報』第3215号「叙任及辞令」1894年3月22日。
  6. ^ 『官報』第1324号「叙任及辞令」1887年11月26日。
  7. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。

参考文献[編集]