川村貞四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川村 貞四郎(かわむら ていしろう、1890年明治23年)7月23日 - 1987年昭和62年)6月18日[1])は、日本の内務警察官僚実業家。官選山形県知事東洋インキ製造 (株) 社長。旧姓・古橋。

経歴[編集]

愛知県北設楽郡出身[2]。大地主・古橋源六郎の三男として生まれ、川村秀豊の養子となる。愛知県立第二中学校(現・愛知県立岡崎高等学校)、日本中学校を経て、第一高等学校を卒業。1914年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1915年5月、東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。同年6月、内務省に入省し警視庁警部兼内務属となる[1]

1917年9月、本所太平警察署長に就任。以後、防疫官兼内務書記官・衛生局勤務、内務事務官・警保局保安課勤務、欧米出張(1924年1月)、警視庁書記官・衛生部長、山形県書記官・内務部長、青森県書記官・内務部長などを歴任。1930年6月に休職となる[1]

1931年12月、山形県知事に就任[3]。約半年の在任で1932年6月28日に休職となり[4]1933年6月に退官した[1]

1938年6月、東洋インキ製造 (株) 社長に就任し、1941年8月まで在任。1943年12月から1948年まで大東醸造社長を務めた[1]

1946年3月、財団法人古橋会理事長に就任[1]1962年紺綬褒章1968年藍綬褒章をそれぞれ受章した[2]

栄典[編集]

著作[編集]

  • 『ムッソリニとファシスト運動』良書普及会、1925年。
  • 『官界の表裏』川村貞四郎、1933年。
  • 『浪朗の釣鐘』松華堂書店、1933年。
  • 『我が半生』古橋会、1987年。
  • 有光金兵衛共著『治安警察法論』良書普及会、1923年。
  • 星野武雄共著『高等警察法論 前編』警眼社、1927年。
  • 星野武雄共著『高等警察法論 2』警眼社、1929年。
  • 星野武雄共著『高等警察法論 3』警眼社、1929年。
  • 佐伯数美共著『英国労働党の政策及現勢』日本評論社、1928年。

伝記[編集]

  • 川村貞四郎記、古橋茂人編『三河男児・川村貞四郎 1』雄山閣出版、1997年。
  • 川村貞四郎記、古橋茂人編『三河男児・川村貞四郎 2』雄山閣出版、1999年。
  • 川村貞四郎記、古橋茂人編『三河男児・川村貞四郎 3』雄山閣、2003年。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『日本近現代人物履歴事典』175頁。
  2. ^ a b 『ジャパン WHO was WHO 物故者事典 1983-1987』196頁。
  3. ^ 『新編日本の歴代知事』199頁。
  4. ^ 『官報』第1648号、昭和7年6月29日。
  5. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 日外アソシエーツ編『ジャパン WHO was WHO 物故者事典 1983-1987』日外アソシエーツ、1988年。
  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。

関連項目[編集]