警保局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

警保局(けいほきょく、英語: Home Ministry Police Affairs Bureau)は、日本1947年昭和22年)まで存在した内務省内部部局警察部門を所管した。現在の警察庁に相当する。

概略[編集]

内務省の局には統廃合の歴史があるが、警保局は1872年(明治5年)の警保寮設置から、敗戦後の1947年(昭和22年)に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって内務省が解体・廃止されるまで、地方局と並んで強大な権力を握っていた。

下部組織にも統廃合の歴史があるが、主に保安課、図書課が著名である。警保局は警察行政を主管し、保安課は特別高等警察の総元締めであった。

図書課もガリ版刷りの同人誌や学校の同窓会誌、村の青年会誌にいたるまで検閲して、反社会的活動や共産主義、反君主制思想などを取り締まった。また、図書課は、著作権登録の所管でもあり、著作権の国際条約であるベルヌ条約の改正に際しては、内務官僚水野錬太郎が会議(ベルリン会議)に出席していた。

警保局長は警視総監内務次官と並んで内務省三役と言われ、退官後は約半数が貴族院勅選議員となった。大蔵省外務省などではこのようなことは滅多になかった。

歴代の警保頭・警保局長等[編集]

  • 司法省)警保頭 (1872年(明治5年)8月28日 司法省に警保寮を設置)
    • 1872年(明治5年)9月2日 - 1873年(明治6年)11月10日 島本仲道
    • 1873年(明治6年)11月10日 - 1873年(明治6年)12月5日 河野敏鎌
  • (内務省)警保頭 (1874年(明治7年)1月9日 警保寮を司法省から内務省に移管)
    • 1874年(明治7年)1月29日 - 1876年(明治9年) 村田氏寿(1875年(明治9年)11月27日以前は警保権頭)
  • 警保局長 (1876年(明治9年)4月17日 警保寮を廃止し警保局を設置)
  • (警視局)大警視 (1877年(明治10年)1月11日 警保局を廃止し警視局を設置)
  • 警保局長 (1881年(明治14年)1月14日 警視局を警保局に改称)
    • 西村捨三:1881年(明治14年)1月14日 - 6月4日
    • 田辺良顕:1881年(明治14年)6月4日 - 1883年(明治16年)3月7日
    • (扱)勝間田稔:1881年(明治14年)10月10日 - 1883年(明治16年)1月18日
    • (兼)勝間田稔:1883年(明治16年)3月9日 - 1884年(明治17年)2月25日
    • 清浦奎吾:1884年(明治17年)2月25日 - 1891年(明治24年)4月9日
    • 小松原英太郎:1891年(明治24年)4月9日 - 1892年(明治25年)8月20日
    • (兼)大森鍾一:1892年(明治25年)8月27日 - 11月1日
    • 高崎親章:1892年(明治25年)11月1日 - 1893年(明治26年)3月10日
    • 小野田元熈:1893年(明治26年)3月10日 - 1896年(明治29年)11月21日
    • 寺原長輝:1896年(明治29年)11月21日 - 1898年(明治31年)1月21日
    • 牧朴真:1898年(明治31年)1月21日 - 7月5日
    • 小倉久:1898年(明治31年)7月5日 - 1899年(明治32年)4月7日
    • 安楽兼道:1899年(明治32年)4月7日 - 1900年(明治33年)10月19日
    • 田中貴道:1900年(明治33年)10月25日 - 1901年(明治34年)6月5日
    • 鈴木定直:1901年(明治34年)6月5日 - 1902年(明治35年)2月8日
    • 安立綱之:1902年(明治35年)2月8日 - 1903年(明治36年)9月22日
    • 有松英義:1903年(明治36年)9月22日 - 1904年(明治37年)11月17日
    • 仲小路廉:1904年(明治37年)11月17日 - 1906年(明治39年)1月8日
    • (心得)久保田政周:1906年(明治39年)1月9日 - 1月17日
    • 古賀廉造:1906年(明治39年)1月17日 - 1908年(明治41年)7月20日
    • 有松英義:1908年(明治41年)7月20日 - 1911年(明治44年)9月4日
    • 古賀廉造:1911年(明治44年)9月4日 - 1912年(大正元年)12月22日
    • 太田政弘:1911年(明治44年)9月4日 - 1912年(大正元年)12月22日
    • 岡喜七郎:1913年(大正2年)2月26日 - 1914年(大正3年)4月18日
    • 安河内麻吉:1914年(大正3年)4月18日 - 1915年(大正4年)8月12日
    • 湯浅倉平:1915年(大正4年)8月12日 - 1916年(大正5年)10月9日
    • 永田秀次郎:1916年(大正5年)10月11日 - 1918年(大正7年)10月3日
    • 川村竹治:1918年(大正7年)10月3日 - 1921年(大正10年)5月27日
    • 湯地幸平:1921年(大正10年)5月27日 - 1922年(大正11年)6月14日
    • 後藤文夫:1922年(大正11年)6月14日 - 1923年(大正12年)10月12日
    • 岡田忠彦:1923年(大正12年)10月12日 - 1924年(大正13年)1月7日
    • 藤沼庄平:1924年(大正13年)1月9日 - 6月11日
    • 川崎卓吉:1924年(大正13年)6月11日 - 1925年(大正14年)9月4日
    • (扱)川崎卓吉:1925年(大正14年)9月4日 - 9月16日
    • 松村義一:1925年(大正14年)9月16日 - 1927年(昭和2年)4月22日
    • 山岡萬之助:1927年(昭和2年)4月22日 - 1928年(昭和3年)5月25日
    • 横山助成:1928年(昭和3年)5月25日 - 1929年(昭和4年)7月3日
    • 大塚惟精:1929年(昭和4年)7月3日 - 1931年(昭和6年)4月15日
    • 次田大三郎:1931年(昭和6年)4月15日 - 8月8日
    • (扱)次田大三郎:1931年(昭和6年)8月8日 - 8月28日
    • 岡正雄:1931年(昭和6年)8月28日 - 12月13日
    • 森岡二朗:1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)5月27日
    • 松本学:1932年(昭和7年)5月27日 - 1934年(昭和9年)7月10日
    • 唐沢俊樹:1934年(昭和9年)7月10日 - 1936年(昭和11年)3月13日
    • 萱場軍蔵:1936年(昭和11年)3月13日 - 1937年(昭和12年)2月10日
    • 大村清一:1937年(昭和12年)2月10日 - 6月5日
    • 安倍源基:1937年(昭和12年)6月5日 - 12月24日
    • 富田健治:1937年(昭和12年)12月24日 - 1938年(昭和13年)6月24日
    • 本間精:1938年(昭和13年)6月24日 - 1939年(昭和14年)1月11日
    • 安藤狂四郎:1939年(昭和14年)1月11日 - 9月5日
    • 本間精:1939年(昭和14)9月5日 - 1940年(昭和15年)1月19日
    • 山崎巌:1940年(昭和15年)1月19日 - 7月24日
    • 藤原孝夫:1940年(昭和15年)7月24日 - 12月23日
    • 橋本清吉:1940年(昭和15年)12月23日 - 1941年(昭和16年)10月20日
    • 今松治郎:1941年(昭和16年)10月20日 - 1942年(昭和17年)6月15日
    • 三好重夫:1942年(昭和17年)6月15日 - 1943年(昭和18年)4月22日
    • 町村金五:1943年(昭和18年)4月22日 - 1944年(昭和19年)7月25日
    • 古井喜実:1944年(昭和19年)7月25日 - 1945年(昭和20年)4月9日
    • 水池亮:1945年(昭和20年)4月9日 - 8月19日
    • 橋本政実:1945年(昭和20年)8月19日 - 10月11日
    • 小泉梧郎:1945年(昭和20年)10月11日 - 1946年(昭和21年)1月15日
    • 谷川昇:1946年(昭和21年)1月15日 - 1947年(昭和22年)2月4日
    • 田中楢一:1947年(昭和22年)2月4日 - 6月9日
    • 久山秀雄:1947年(昭和22年)6月9日 - 12月31日

関連項目[編集]

参考文献[編集]