安孫子藤吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1955年

安孫子 藤吉(あびこ とうきち、1904年2月22日 - 1992年4月6日)は、日本官僚政治家山形県知事自由民主党参議院議員を務めた。栄典正三位勲一等瑞宝章旭日大綬章

来歴・人物[編集]

山形県寒河江市出身。旧制鎌倉中学(現:鎌倉学園)、旧制山形高校を経て、1929年東京帝国大学法学部法律学科卒業後、農林省に入省。米穀局外地・内地課長、大臣官房会計課長、食糧管理局次長等を歴任[1]

1949年に初代食糧庁長官に就任。長官在任時にコメの統制撤廃を打ち出した吉田内閣の方針に強く反対して退官した[1]

退官後の1955年、三選を目指した村山道雄知事が繰り上げ辞任で選挙にのぞむことに県政界が反発。反村山陣営から出馬を要請され、山形県知事選挙に立候補し初当選。連続5期務めた。任期中はまず、県財政の再建に取り組み、その後、後進県からの脱却を目指し、産業構造の高度化や福祉、人づくりの施策を進め、県民会館の建設、山形空港の開港、酒田北港や新県庁舎の建設、山形大学医学部の設置、米作り日本一の達成等に尽力した[1]

1974年第10回参議院議員通常選挙山形県選挙区から出馬し初当選。2期務める。1980年12月から1981年11月まで鈴木善幸内閣自治大臣国家公安委員長を務め、1986年に政界を引退。その後、エフエム山形の会長などを務めた。

1992年4月6日、呼吸不全で死去[1]享年88。

叙位・叙勲[編集]

  • 1980年11月3日 - 勲一等瑞宝章 叙勲[2]
  • 1982年3月 - 寒河江市名誉市民
  • 1992年4月6日 - 正三位 叙位 旭日大綬章 叙勲[3]
  • 1992年4月14日 - 故正五位 安孫子藤吉 特旨を以て位四級追陞[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『山形県大百科事典』p.17
  2. ^ 『官報』1980年11月13日 本紙 16144 叙位・叙勲
  3. ^ a b 『官報』1992年4月18日 本紙 892 叙位・叙勲

参考文献[編集]

  • 山形放送株式会社山形県大百科事典事務局編『山形県大百科事典』山形放送、1983年。


名誉職
先代:
新谷寅三郎
最年長参議院議員
1984年12月 - 1986年7月
次代:
八百板正