早川崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
早川 崇
はやかわ たかし
生年月日 1916年8月21日
出生地 日本の旗 日本 和歌山県田辺市
没年月日 (1982-12-07) 1982年12月7日(66歳没)
出身校 東京帝国大学法学部政治学科卒業
前職 国家公務員内務省
所属政党国民党→)
国民協同党→)
社会革新党→)
国民民主党→)
改進党→)
日本民主党→)
自由民主党

日本の旗 第58代 厚生大臣
内閣 三木改造内閣
在任期間 1976年9月15日 - 1976年12月24日

日本の旗 第26-27代 労働大臣
内閣 第1次佐藤第3次改造内閣
第2次佐藤内閣
在任期間 1966年12月3日 - 1967年11月25日

日本の旗 第6代 自治大臣
内閣 第2次池田第3次改造内閣
第3次池田内閣
在任期間 1963年12月9日 - 1964年3月25日

内閣 第2次池田第3次改造内閣
第3次池田内閣
在任期間 1963年7月18日 - 1964年3月25日

選挙区 和歌山県第2区
当選回数 14回
在任期間 1946年4月10日 - 1953年3月14日
1955年2月27日 - 1982年12月7日
テンプレートを表示

早川 崇(はやかわ たかし、大正5年(1916年8月21日 - 昭和57年(1982年12月7日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員自治大臣国家公安委員会委員長労働大臣厚生大臣を歴任した。

来歴・人物[編集]

大正5年(1916年)8月21日、和歌山県田辺市に生まれる。 旧制和歌山県立田辺中学校(現・和歌山県立田辺高等学校)、第三高等学校を経て、昭和16年(1941年東京帝国大学法学部政治学科を卒業する。東大では矢部貞治の門下で、同期生には中曽根康弘(後の首相)、小沢辰男(後の厚相)がいる。高等文官試験に合格し東大卒業後、内務省に入省する。さらに戦争激化で海軍に志願し海軍主計科士官となる。

昭和21年(1946年第22回衆議院議員総選挙に無所属で立候補し、当選する(当選同期に小坂善太郎二階堂進江崎真澄小沢佐重喜石井光次郎坂田道太水田三喜男村上勇原健三郎川崎秀二井出一太郎中野四郎など)。同年9月には国民党の結成に参加。翌昭和22年(1947年)3月には協同民主党との統合により国民協同党所属となり、三木武夫委員長のもとで書記長に就任する。同年の総選挙から選挙制度が大選挙区制から中選挙区制に改められ、和歌山2区からの立候補となる。昭和23年(1948年)には国民協同党を離れ、社会革新党の結党に参加する。昭和25年(1950年)4月、社会革新党を離れ国民民主党の結党に参加。その後、改進党所属となるが、昭和28年(1953年)の総選挙では落選。昭和30年(1955年)の総選挙に日本民主党から出馬し返り咲きを果たし、同年11月の自由民主党結党に参加する。

昭和38年(1963年第2次池田内閣自治大臣国家公安委員会委員長として入閣する。昭和39年(1964年3月24日ライシャワー駐日アメリカ合衆国大使駐日アメリカ合衆国大使館前で、統合失調症の少年に右腿を刺され負傷する事件が起こったため、翌3月25日国務大臣を引責辞任する。自治大臣時代に後の参議院議員となる玉置和郎を秘書官に起用し、政界入りするきっかけを作った。

昭和41年(1966年)、第1次佐藤内閣労働大臣として入閣し、この頃から佐藤栄作福田赳夫に接近する(元々、佐藤と早川は第2次池田内閣で共に閣僚だったことから関係は悪くなかった)。昭和47年(1972年)佐藤退陣後に行われた自民党総裁選挙では、福田支持を表明したため領袖の三木と対立し、菅野和太郎中村寅太らとともに三木派を脱退。

三木が首相となり、三木おろしが激しくなる中、昭和51年(1976年三木改造内閣に福田の意向に反して厚生大臣として入閣する。

議員在任中の昭和57年(1982年)12月7日に66歳で死去。衆議院議員を通算14期務めた。

学究肌の政治家であり、イギリスの政治などについての著作や翻訳を多数残した。また日本バングラデシュ協会会長として、バングラデシュとの友好に尽くした。

著作[編集]

著書[編集]

翻訳[編集]

  • R・T・マッケンジー著『英国の政党』(三澤潤生との共訳)有斐閣(上下)
  • R・T・マッケンジー著『大理石の中の天使―英国労働者階級の保守主義者』労働法令協会、1973年
  • ロバート・ブレイク著『英国保守党史―ピールからチャーチルまで』労働法令協会、1979年