塩崎潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
塩崎潤
しおざき じゅん
生年月日 (1917-05-31) 1917年5月31日
出生地 愛媛県松山市
没年月日 (2011-05-27) 2011年5月27日(93歳没)
死没地 東京都
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 大蔵省官僚
所属政党 自由民主党
称号 勲一等旭日大綬章
タイ王国勲一等王冠勲章
親族 塩崎恭久(長男)

内閣 第2次海部内閣
在任期間 1990年2月28日 - 1990年12月29日

内閣 第1次中曽根内閣
在任期間 1982年11月27日 - 1983年12月27日

選挙区 愛媛県第1区
当選回数 8回
在任期間 1969年12月29日 - 1993年6月18日
テンプレートを表示

塩崎 潤(しおざき じゅん、1917年5月31日 - 2011年5月27日[1])は、日本の政治家(衆議院議員)、大蔵官僚翻訳家。長男は衆議院議員の塩崎恭久。長女は法学者の山根裕子。次女は外交官角崎利夫の妻でアジア防災センター主任研究員の角崎悦子[2]

来歴・人物[編集]

愛媛県松山市出身。松山中学旧制松山高校を経て、1941年東京帝国大学(現・東京大学法学部政治学科を卒業後、大蔵省に入省する。主に主税局畑を歩き、1965年国税庁次長、大蔵省主税局長を歴任した。

1967年大蔵省を退官し、翌1968年第8回参議院議員通常選挙自由民主党公認で全国区から出馬。この時は落選に終わるものの、1969年第32回衆議院議員総選挙では郷里の愛媛1区から自民党公認で立候補して雪辱を果たした。以後、当選8回。自民党では、宏池会に所属。1970年のいわゆる「大平クーデター」では、宏池会会長の前尾繁三郎田中六助田沢吉郎らとともに批判し、宏池会会長を前尾から大平正芳に交代させる原動力となった。

1982年第1次中曽根内閣経済企画庁長官として初入閣。1990年第2次海部内閣総務庁長官。また、自民党税制調査会の比重を高めた功労者として知られ、政府税制調査会よりも先に自民党税調が年度の税制改正大綱を発表する形をとり、(プロ野球で近年言われる投高打低にたとえて)党高政低を顕在化させた。税制関係の著書や翻訳も多数。

1992年阿部文男北海道開発庁長官が逮捕された共和汚職事件で宏池会の議員が多数関与が取りざたされる中で塩崎の名も上がり、証人喚問を受ける。1993年政界を引退した。

2011年5月27日、老衰のため東京都内の病院で死亡。93歳没[1]。没日付で日本政府から正三位が追贈された[3]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


先代:
河本敏夫
経済企画庁長官
1982年 - 1983年
次代:
河本敏夫
先代:
水野清
総務庁長官
1990年
次代:
佐々木満