田村文吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田村文吉
たむら ぶんきち
Tamura Bunkichi.jpg
田村文吉(1920年頃の撮影)
生年月日 (1886-09-22) 1886年9月22日
出生地 日本の旗 日本 新潟県長岡市
没年月日 (1963-06-26) 1963年6月26日(76歳没)
出身校 東京高等商業学校一橋大学の前身)
前職 北越製紙社長
長岡市長
称号 勲二等旭日重光章
藍綬褒章
長岡市名誉市民

内閣 第3次吉田内閣第1次改造内閣
在任期間 1950年 - 1951年

内閣 第3次吉田内閣第1次改造内閣
在任期間 1950年 - 1951年
テンプレートを表示

田村 文吉(たむら ぶんきち、1886年9月22日 - 1963年6月26日)は、日本政治家実業家参議院議員(1期)、第8代長岡市長。長岡市名誉市民。

来歴・人物[編集]

父・田村文四郎が営んでいた紙商「田村本店」。(『絵画北越商工便覧』坪井政太郎編、大正8(1919)年刊より)

新潟県長岡市の紙問屋・田村文四郎の三男として生まれる。新潟県立長岡中学校を経て、1911年東京高等商業学校(一橋大学の前身)専攻科を卒業、越後鉄道に入社し、経理課長として実務経験を積む。

1915年、父たちが設立した北越製紙(現・北越紀州製紙)に支配人として入社し、1934年に専務、1940年には社長に就任。工場の新設・拡充をリードし、北越製紙を現在の規模に育て上げた。

また、1928年には長岡工業会を設立して産学官連携を推進し、1944年には新潟県商工経済会会頭に就任した。

1945年8月1日長岡空襲で市長・鶴田義隆が殉職すると、その後任に推されて9月に第8代長岡市長に就任、長岡市の戦災復興に精力的に取り組んだ。

1947年参議院議員となって緑風会に所属。第3次吉田内閣第1次改造内閣では、郵政大臣電気通信大臣を務めた。

また財団法人積雪研究会の会長となって、長岡市内に積雪科学館を作り、長岡市立科学博物館の建設にも支援を惜しまなかった。

1962年には藍綬褒章勲二等旭日重光章を受章。その翌年に死去、享年76。死後、長岡市葬が営まれ、長岡市の名誉市民となった。