北村一男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1955年

北村 一男(きたむら かずお、1897年11月17日 - 1965年3月29日)は日本の政治家参議院議員新潟県知事を務めた。

生涯[編集]

1897年新潟県見附市出身。新潟県立加茂農林学校を経て中央大学商科を卒業後、日魯漁業(現マルハニチロ)に入社して樺太-カムチャツカ間を往復。この際ゲーペーウーに拿捕されるなどの苦労があったが、これによって社長の信頼を得た。戦後は自由党に所属し、1947年第1回参議院議員通常選挙に新潟地方区から出馬して初当選。2期にわたって議員を務め、党の政務調査会副会長、参議院幹事長、また農林政務次官などを歴任した。

その後、新潟県の財政と経済の再建を掲げ、自由党を離れて民主党左右両社会党の推薦で1955年の県知事選に出馬。岡田正平の3選を阻止して当選した。1960年の選挙で2選を果たしたが、任期途中の1961年11月に辞任。長期療養ののち、1965年3月29日糖尿病のため67歳で逝去。従四位勲二等瑞宝章を追贈されている。