青木秀夫 (知事)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青木 秀夫(あおき ひでお、1903年明治36年)[1] - 2001年平成13年)1月27日[2])は、日本の内務厚生官僚。最後の官選新潟県知事

経歴[編集]

栃木県出身[1]水戸高等学校を卒業。1924年11月、高等試験行政科試験に合格。1926年東京帝国大学法学部を卒業。内務省に入省し山口県属となる[3]

以後、内務省社会局勤務、鹿児島県社会課長、三重県教育課長、岡山県警察部保安課長、神奈川県警察部保安課長、奈良県書記官警察部長、厚生省傷兵保護院補導課長、同省生活課長、同母子課長、軍事保護院総務課長、東北総監府官房主幹、内務省調査官、同大臣官房調査課長などを歴任。

1946年7月、新潟県県知事に就任。戦後の民主化への取り組みを行い、また、知事選挙などを執行し、1947年4月に知事を退任。その後、中央社会福祉協議会事務局長を務めた[1]

著作[編集]

  • 『社会事業のはなし』〈社会教育文庫;第3巻〉童友書房、1948年。
  • 『社会事業の知識』〈社会福祉選書〉全国社会福祉協議会、1955年。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』417頁。
  2. ^ a b 朝日新聞』2001年1月30日朝刊、35面の訃報より。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』243頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。