君健男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
君 健男
きみ たけお
生年月日 1911年12月22日
出生地 日本の旗新潟県新潟市
没年月日 (1989-04-20) 1989年4月20日(77歳没)
出身校 新潟医科大学
(現:新潟大学医学部
所属政党 自由民主党
称号 医学博士

選挙区 新潟県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1972年12月18日 - 1974年3月27日

新潟県の旗 公選第9-12代 新潟県知事
当選回数 4回
在任期間 1974年5月1日 - 1989年4月20日
テンプレートを表示

君 健男(きみ たけお、1911年12月22日 - 1989年4月20日)は日本医師官僚政治家参議院議員新潟県知事などを歴任。1989年病気のため辞任。医学博士

来歴・人物[編集]

1911年(明治44年)12月22日、父修一郎の長男として新潟市に出生。新潟県立新潟中学校を経て官立新潟高等学校を卒業。1936年(昭和11年)3月、官立新潟医科大学(現新潟大学医学部)を卒業。同年11月、応召

1940年(昭和15年)、栃尾町の栃尾郷立診療所組合(現新潟県厚生農業協同組合連合会栃尾郷病院)内科部長に就任。東京の日本光学病院内科主任を経て、再度応召。

1947年(昭和22年)に新潟県庁入庁し、1949年(昭和24年)に新潟県予防課長、1955年(昭和30年)に新潟県公衆衛生課長、1958年(昭和33年)に新潟県衛生部長を経て、1962年(昭和37年)に新潟県総務部長となる。

1965年(昭和40年)7月21日から新潟県副知事となり、1972年(昭和47年)11月17日に7年間務めた新潟県副知事を辞任。12月17日第8回参議院議員通常選挙1968年(昭和43年))の補欠選挙に新潟県選挙区から自由民主党公認で立候補し当選(1期)。田中派に所属。1974年(昭和49年)3月27日に参議院議員を辞職。4月21日の任期満了に伴う県知事選挙で松沢俊昭社会党)、浦沢与三郎(共産党)を破り当選。5月1日に第49代新潟県知事(公選制で5人目)に就任。

1978年(昭和53年)4月23日、任期満了に伴う県知事選挙で稲村稔夫を破り再選。1982年(昭和57年)4月25日、任期満了に伴う県知事選挙で坂上富男を破り3選。1985年(昭和60年)6月、新潟県庁舎が移転。1986年(昭和61年)4月20日、任期満了に伴う県知事選挙で諸里正典、今井敬弥、真貝秀二を破り4選。

1989年(平成元年)3月18日新潟県立がんセンター新潟病院に入院。2日後の3月20日に医師からがんであることを告知される。4月8日金子清に辞意を伝え、事実上後継として金子を指名する。4月13日、入院先に金子副知事を呼び正式に辞意を伝える。4月18日には田中角栄元首相、自民党所属の国会議員計13人に、がんを告白する親書を送る。4月19日、臨時県議会が開かれ君の知事辞職に同意。君に対し感謝決議が採択される。

知事辞職が許可された翌4月20日11時4分死去。77歳没。7月2日に県民葬が挙行された[1][2]

君県政[編集]

エピソード[編集]

趣味はヴァイオリンで、夫人の芳子はピアニスト1980年4月22日新潟県民会館前で開催された新潟県警察音楽隊の第1回プロムナードコンサートで「アルルの女」を演奏する音楽隊の指揮者を務める一幕もあった。

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシ 1990, pp. 177)
  2. ^ 日外アソシ 2003, pp. 207)

参考文献[編集]

  • 新潟日報社編 『民選知事五代 県政支配の構図 下巻』 新潟日報事業社、1978年4月、223-333頁。
  • 四方洋「君健男 角栄にとって代わった実力知事」『土着権力』 講談社、1986年、133-144頁 ISBN 4062022710
  • 『政治家人名事典』日外アソシエーツ、1990年9月、177頁。ISBN 4816910069全国書誌番号:91000340 
  • 横山蒼鳳編著 『医師の知事君健男:そのぬくもりをさがして』 横山蒼鳳・新潟日報事業社、2003年 ISBN 4888629617
  • 『新訂政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年10月、207頁。ISBN 4816918051全国書誌番号:20493776 

関連項目[編集]

公職
先代
亘四郎
新潟県の旗 新潟県知事
公選第9 - 12代:1974年 - 1989年
次代
金子清