真島一男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真島 一男
まじま かずお
生年月日 (1932-10-28) 1932年10月28日
出生地 日本の旗 日本 新潟県長岡市
没年月日 (2001-11-22) 2001年11月22日(69歳没)
死没地 日本の旗 日本 新潟県長岡市
出身校 一橋大学大学院法学研究科修了
前職 建設省都市局長
所属政党 自由民主党
称号 従四位勲二等

選挙区 新潟県選挙区
当選回数 3回
在任期間 1990年12月 - 1998年7月
2001年7月 - 2001年11月
テンプレートを表示

真嶋 一男(まじま かずお、1932年10月28日 - 2001年11月22日)は、日本の政治家官僚参議院議員(通算3期)、通商産業政務次官建設省都市局長を歴任。従四位勲二等

概要[編集]

新潟県長岡市出身。新潟県立長岡工業高等学校卒業。中央大学法学部卒業後、一橋大学大学院法学研究科田上穰治ゼミで学ぶ。旧司法試験合格。大学院修了後、建設省に入省。道路総務課長、文書課長大臣官房審議官(建設)、近畿地方建設局総務部長、建設省都市局長、総務審議官などを歴任[1][2]。1990年国際花と緑の博覧会の大会実行委員長を務めた。

1990年の参議院新潟県選挙区補欠選挙自由民主党から出馬し初当選。1992年の第16回参議院議員通常選挙で再選、通商産業政務次官、外務委員会、農林水産委員会委員長、自民党新潟県支部連合会顧問、社団法人新潟県サッカー協会会長、アルビレックス新潟後援会会長などを歴任した。1998年の第18回参議院議員通常選挙で落選。2001年7月の第19回参議院議員通常選挙で再選したが、直後の同年11月22日に新潟県長岡市の長岡赤十字病院で死去。69歳没。

人物[編集]

  • 竹下派所属であった。真嶋一男夫人も、竹下登夫人の主催する、竹下茶話会のメンバーであった。
  • 選挙の際は「真島」を用いていたが、通常執務では「真嶋」を用いていた。
  • タレントのはさみ家紙太郎は、真嶋の甥である。

著作[編集]

著書[編集]

  • 『地方公務員のための防災の知識』帝国地方行政学会, 1972
  • 『裁判からみた百大事件の結末』ぎょうせい, 1991.3
  • 『心に響く今日の名言』ぎょうせい, 1998.2
  • 『ITS革命』ぎょうせい, 2000.9
  • 『2025年のわがまち』(伊藤滋と共著)ぎょうせい, 2001.6

訳書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ [1]一橋大学
  2. ^ 「真嶋一男氏死去/参院議員」四国新聞2001/11/22 10:49
議会
先代:
鈴木貞敏
日本の旗 参議院農林水産委員長
1996年 - 1997年
次代:
松谷蒼一郎