堀末治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

堀 末治(ほり すえじ、1886年明治19年)9月9日[1] - 1976年昭和51年)10月16日[2][3])は、大正から昭和期の実業家政治家参議院議員

経歴[編集]

北海道岩内郡、のちの岩内町で生まれる[4]。北海道庁立小樽中学校(現北海道小樽潮陵高等学校)を卒業した[2][3][4]

小樽市の醸造業者で経験を積んだ[4]。1924年(大正13年)不況のため経営不振となった北海道内4酒造業者を救済する合併事業に参画し、合同酒精が設立され専務に就任[4]。1945年(昭和20年)同社長となる[2][3][4]。1946年(昭和21年)旭川商工会議所会頭に就任した[2][3][4]

1947年(昭和22年)4月、第1回参議院議員通常選挙北海道地方区から出馬して当選[2][3][4][5]。以後、第3回第5回通常選挙でも当選し[5]、参議院議員を連続3期務めた[2][3][4]。1965年(昭和40年)7月、第7回通常選挙に出馬せず引退した[6]。この間、第3次吉田内閣地方財政政務次官参議院文部委員長、同運輸委員長、同農林水産委員長、同エネルギー対策特別委員長、同石炭対策特別委員長、同公職選挙法改正に関する特別委員長、参議院自由党副会長、自由民主党全国組織委員会副委員長、同党総務、北海道総合開発審議会委員などを務めた[2][3][4]。商工会議所法の制定に尽力した[4]

その他、日本商工会議所理事、合同酒精相談役、北海道銀行取締役などを務めた[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本人事録 第6版』全国篇、824頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 - 貴族院・参院議員名鑑』403頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』553頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j 『北海道歴史人物事典』332頁。
  5. ^ a b 『国政選挙総覧 1947-2016』407頁。
  6. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』408頁。

参考文献[編集]

  • 『日本人事録 第6版』全国篇、中央探偵社、1963年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『北海道歴史人物事典』北海道新聞社、1993年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。


議会
先代:
戸叶武
日本の旗 参議院農林水産委員長
1956年 - 1957年
次代:
重政庸徳
先代:
左藤義詮
日本の旗 参議院運輸委員長
1956年
次代:
戸叶武
先代:
川村松助
日本の旗 参議院文教委員長
1954年
次代:
廃止
先代:
新設
日本の旗 参議院石炭対策特別委員長 次代:
岸田幸雄