吉川博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉川 博
よしかわ ひろし
生年月日 1923年5月18日
出生地 日本の旗 愛知県海部郡十四山村(現・弥富市
没年月日 (2008-07-02) 2008年7月2日(85歳没)
死没地 愛知県弥富市
出身校 旧制愛知県立津島中学校
東京第三師範学校(現・東京学芸大学
所属政党 自由民主党
称号 藍綬褒章
勲二等瑞宝章
叙位叙勲

選挙区 愛知県選挙区
当選回数 2回
在任期間 1983年 - 1995年

選挙区 海部郡選挙区
当選回数 4回
在任期間 1967年4月30日 - 1983年

当選回数 4回
在任期間 1949年 - 1965年
テンプレートを表示

吉川 博(よしかわ ひろし、1923年5月18日 - 2008年7月2日)は、日本政治家

愛知県海部郡十四山村長(4期)、愛知県議会議員(4期)、参議院議員(2期)、農林水産政務次官参議院農林水産委員長などを歴任した。地元では「水の神様」と呼ばれた[1][2]

来歴[編集]

愛知県海部郡十四山村(現弥富市)出身。1941年(昭和16年)3月、愛知県立津島中学校(現愛知県立津島高等学校)を卒業した。その後、東京第三師範学校(現・東京学芸大学)を卒業した[1]

1949年(昭和24年)に、愛知県海部郡十四山村の村長に当選し、4期務めた[1]1965年(昭和40年)に、愛知学芸大学名古屋分校4年課程設置の陳情を行った[3]。また伊勢湾台風の被害から7年後の1966年(昭和41年)には、十四山西公園内に伊勢湾台風災害復興之碑を設立した[4]

1967年愛知県議会議員選挙に自由民主党公認で立候補し、初当選。県議を4期務めた。

国政にて[編集]

1983年(昭和58年)6月、第13回参議院議員通常選挙愛知県選挙区自由民主党公認で出馬し初当選を果たした。竹下内閣では農林水産政務次官を務めた。

1989年(平成元年)、第15回参議院議員通常選挙で2度目の当選を果たし[5]参議院農林水産委員長などを務めた[6]

1995年、自民党県連は参院選に向けて吉川の公認を一旦決定したものの[7]、公認申請を行った県議の鈴木政二との共倒れを恐れ、同年5月10日、参院選の候補者を鈴木に一本化した。その結果、吉川は衆院選・愛知9区に鞍替えをさせられた[8]

1996年(平成8年)9月20日、第41回衆議院議員総選挙愛知9区において、新進党海部俊樹に惨敗した。

2008年(平成20年)7月2日、愛知県弥富市の病院で肺炎のため85年の生涯を閉じた[9]

人物など[編集]

  • 海抜ゼロメートル地帯が広がる地元の海部地域で、河川の排水整備や木曽川用水関連土地改良事業(パイプライン化)に尽力し、「水の神様」と呼ばれた[1]
  • 母校の愛知県立津島高等学校の同窓会会長を昭和から平成に亘り十数年間務め、また愛知県土地改良事業団体連合会会長や愛知県農業会議会長を務めた[10]
  • 吉川の業績を記念し、弥富市に吉川の銅像が建立された。

受章[編集]

  • 1979年(昭和54年)11月 - 藍綬褒章
  • 1998年(平成10年)4月 - 勲二等瑞宝章
  • 2008年(平成20年)7月 - 叙位叙勲

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 中日新聞2008年7月3日付
  2. ^ 市議会議事録 (PDF)”. 弥富市議会 (2009年12月11日). 2011年10月2日閲覧。
  3. ^ 第049回国会 文教委員会 第1号”. 衆議院 (1965年8月6日). 2011年10月2日閲覧。
  4. ^ 十四山西公園 伊勢湾台風災害復興之碑”. 2011年10月2日閲覧。
  5. ^ 歴代参議院議員リスト”. 参議院. 2009年9月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年4月3日閲覧。
  6. ^ 第120回国会 農林水産委員会 第5号”. 参議院 (1991年3月28日). 2011年10月2日閲覧。
  7. ^ 『中日新聞』1995年3月8日付夕刊、2面、「参院選出馬決意の鈴木氏 名古屋市議団も支援 自民」。
  8. ^ 『中日新聞』1995年5月11日付朝刊、2面、「参院選に鈴木氏決定」。
  9. ^ 吉川博氏死去 元自民党参院議員”. 共同通信 (2008年7月3日). 2011年10月2日閲覧。
  10. ^ 農業委員統一選--新体制整う”. 全国農業会議所 (2005年9月16日). 2011年10月2日閲覧。

関連項目[編集]


議会
先代:
仲川幸男
日本の旗 参議院農林水産委員長
1990年 - 1991年
次代:
永田良雄