渡辺猛之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡辺 猛之
わたなべ たけゆき
生年月日 (1968-04-18) 1968年4月18日(52歳)
出生地 岐阜県加茂郡八百津町
出身校 名古屋大学経済学部
前職 岐阜県議会議員
所属政党 自由民主党竹下派
称号 経済学士
公式サイト 参議院議員 渡辺たけゆき

選挙区 岐阜県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2010年7月26日 - 現職

選挙区 加茂郡選挙区
当選回数 4回
在任期間 1995年 - 1998年
1999年 - 2010年
テンプレートを表示

渡辺 猛之(わたなべ たけゆき、1968年4月18日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)。元岐阜県議会議員(4期)。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1968年岐阜県加茂郡八百津町生まれ。建築家の長男として生まれる[1]

岐阜県立加茂高等学校名古屋大学経済学部卒業。大学卒業後1992年、財団法人松下政経塾に入塾(13期生)する。

県議会議員として[編集]

1995年4月、岐阜県議会議員選挙に出馬し、26歳で初当選。

以後通算4期当選。県議会では在任中は、自民党岐阜県連副幹事長、岐阜県商工会青年部連合会会長、岐阜県商工政治連盟会長、県監査委員、県政自民クラブ幹事長を歴任する。

1999年、再度岐阜県議選に出馬し当選。以後、県議を3期務める。

参議院議員として[編集]

2010年7月、第22回参議院議員通常選挙に自民党公認で岐阜県選挙区から初当選。全国商工政治連盟の組織代表議員である[2]

2016年7月、第24回参議院議員通常選挙に自民党公認で岐阜県選挙区から出馬し再選。9月、参議院農林水産委員長に就任[3]

政策・主張[編集]

地域経済を支える事業者の応援[編集]

中小企業・小規模企業の海外市場参入支援[編集]

  • 2015年予算委員会にて渡辺は中小・小規模事業者が環太平洋パートナーシップ協定TPP)をチャンスにできるための後押しとして「海外展開戦略を理解して、一番身近な相談窓口である商工会議所にまず聞きに行っても十分ノウハウはわかっているよ」という仕組みを作ってほしいと述べる[4]
  • 2016年予算委員会にて渡辺は「TPPで海外進出を目指したり新たな販路開拓をしようとする中小・小規模事業の皆さんには、どのような商品を求めている、どれくらいのマーケットがどこに存在しているという的確な情報を届けるマーケティングの専門家が必要である」と述べ、専門の支援機関が必要不可欠であると指摘。また、支援のために商工会議所の人員不足を訴えた[5]

中小・小規模企業をサポートする人材・組織の育成[編集]

渡辺は中小企業・小規模企業政策の充実を認識しているが、時間がとりづらい小規模企業経営者に対してそれをサポートする人材が必要であると指摘する[6]

下請け代金の引き上げ[編集]

2014年予算委員会にて、「アベノミクス効果によって実際業績が回復してきたのであれば、その一部をしっかりと下請代金の引き上げにも充てていただきたい」「アベノミクスの恩恵を地方にも中小・小規模事業にも、これが実現できる鍵だと思っている」と述べる[6]

中山間地域・過疎地域の維持・向上[編集]

人口減少地域におけるインフラの整備[編集]

2014年予算委員会にて、渡辺は「公共事業というのは経済波及効果があると考え、建設事業と維持管理業を両立していかなければいけない」との考えを述べる。さらに、"これからの公共事業は新規建設事業は全て諦めてもう維持管理に徹底していくべきじゃないか”、という議論に真っ向から反対させていただきたいと述べる。またインフラ整備財源の確保条件として、以下2点を挙げた。

  • 人口減少社会を迎える現実を踏まえ、すべてのインフラの更新を図っていくのではなくて、維持更新すべきインフラとそうでないものをはっきり分けてコンパクトな街づくりをする。
  • 予算があるから消化するとうような本末転倒の無駄遣いに陥らないチェック機能を持たせること。

林業支援・永続的な雇用のために[編集]

  • 中山間地域における林業が産業として成り立つためには、省庁横断的に取り組む必要があると指摘する。また、木材価格の低下が林業を産業として成り立つための課題であり「何十年もかけて育った木材がまずは建築材として正しい価格で取引されることが大前提である」と指摘した。
  • 林業における新素材セルロースナノファイバーについて渡辺は「農水省あるいは経産省、環境省等、関係する省庁の連携を深め、日本の木材関係業界に元気が出てくるようお力をお願いしたい」と述べる。
  • 「大都市に集中する人口が地方に分散されることによって100%解消とはいかなくても、この待機児童問題も少しは解消できるのではないかな」と見解を述べる。[7]

獣害対策[編集]

渡辺は、「獣害対策というのは、まず奥山に実のなる木を植えること、ただ動物たちは人里近くまで下りてきてしまって、そして人間のおいしい作物の味を覚えてしまっていますから、奥山に実のなる木を植えてしっかりと里山から動物をもう一度山に追い返すこと、そして適切な個体数管理、これを総合的あるいは継続的にやっていくしかない」と考えを述べる[8]

その他主張[編集]

不祥事[編集]

迂回献金問題[編集]

2013年、渡辺自身が代表を務める政党支部を通して70万円を自身の資金管理団体などに寄付し、税の優遇を受けていたことが判明した[10]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 参議院議員 渡辺猛之”. www.watanabetakeyuki.jp. 2020年7月29日閲覧。
  2. ^ 全国商工政治連盟:ホーム 2015年11月18日閲覧
  3. ^ 衆院予算委員長に浜田靖一氏 常任委員長など両院で選出
  4. ^ “第189回予算委員会”. (2015年11月11日) 
  5. ^ “第186回予算委員会”. (2014年3月14日) 
  6. ^ a b “第186回 予算委員会”. (2014年3月14日) 
  7. ^ “第190回予算委員会”. (2016年3月7日) 
  8. ^ “第189回予算委員会”. (2015年11月11日) 
  9. ^ a b 2010年参院選 毎日新聞アンケート
  10. ^ 「国会議員17人、寄付還流 党支部介し税優遇受ける」 朝日新聞 2013年4月20日
  11. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  12. ^ a b 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

外部リンク[編集]

議会
先代:
石井浩郎
日本の旗 参議院政治倫理の確立及び
選挙制度に関する特別委員長

2018年 - 2019年
次代:
山谷えり子
先代:
山田俊男
日本の旗 参議院農林水産委員長
2016年 - 2017年
次代:
岩井茂樹