主濱了

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主濱 了
しゅはま りょう
Ryo Shuhama cropped 1 Ryo Shuhama 20111116.jpg
2011年11月16日、全国統計大会にて挨拶
生年月日 (1950-04-02) 1950年4月2日(69歳)
出生地 日本の旗 岩手県岩手郡滝沢村
(現:滝沢市
出身校 北海道大学法学部卒業
前職 岩手県庁農林水産部次長
参議院議員
所属政党民主党→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党→)
(生活の党→)
(生活の党と山本太郎となかまたち→)
自由党→)
無所属
称号 法学士(北海道大学・1973年

当選回数 1回
在任期間 2018年11月20日 - 現職

選挙区 岩手県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2004年7月26日 - 2016年7月25日
テンプレートを表示

主濱 了(しゅはま りょう、1950年4月2日 - )は、日本政治家岩手県滝沢市長(1期)。新字体主浜 了と表記されることもある。

参議院議員(2期)、参議院農林水産委員長総務大臣政務官国民の生活が第一代表(第2代)[1]、同参議院国会対策委員長、生活の党と山本太郎となかまたち副代表兼両院議員会長兼参議院会長、岩手県宮古市助役岩手県庁農林水産部次長などを歴任した。

政策[編集]

2011年12月5日、アジア・オンブズマン協会会議にて挨拶
  • 政策として以下を挙げている。
    • 元気な農林水産業の再生
    • 地域主権の確立
    • 安心・安全な社会保障の確立
  • 選択的夫婦別姓制度の導入に賛成[2]

発言[編集]

  • 2009年12月15日、中国国家副主席習近平が、鳩山由紀夫内閣の強い要請により、特例の短い手続きで日本の天皇との面会を許可されたこと(天皇特例会見)について、「日中両国の戦略的互恵関係をさらに深め、また、そのための取り組みの具体的な方向性も示してほしい」と期待を示した[3]

経歴[編集]

2011年9月22日、内閣府統計委員会の会合にて挨拶

歴任[編集]

2011年9月、福田昭夫(中央)、森田高(右)と総務大臣政務官就任の記者会見

常任委員会[編集]

特別委員会[編集]

党務[編集]

  • 民主党会計監査
  • 地方自治体局次長
  • 農林水産団体局次長
  • 岩手県総支部連合会副代表

所属団体[編集]

  • 政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟(幹事)[19]

人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、便宜上の代表である。
  2. ^ 毎日新聞2010年参院選アンケート
  3. ^ 民主党議員、習近平副主席の訪日に期待 中国国際放送局 2009年12月13日
  4. ^ “小沢グループの4人、副大臣・政務官の辞表提出”. 読売新聞. (2012年3月30日). オリジナルの2012年4月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120403000318/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120330-00000868-yom-pol 
  5. ^ “黄川田副大臣ら4人辞表=小沢系、消費増税に抗議”. livedoor ニュース. 時事通信. (2012年3月30日). オリジナルの2012年3月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120330123616/http://news.livedoor.com/topics/detail/6420846/ 
  6. ^ “【消費税増税】政務三役の辞任を了承 国会審議などを考慮”. 産経新聞. (2012年4月4日). オリジナルの2012年4月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120414170124/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120404/plc12040409590005-n1.htm 
  7. ^ “原発暫定基準、週内に提示 官房長官が見通し”. 朝日新聞. (2012年4月4日). オリジナルの2012年4月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120405210826/http://www.asahi.com/politics/update/0404/TKY201204040274.html 
  8. ^ “【民主分裂】谷亮子氏、姫井由美子氏、青木愛氏…山岡賢次民主副代表提出の離党届議員 一部は離党否定”. 産経新聞. (2012年7月2日). オリジナルの2012年7月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120702121257/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120702/stt12070213160009-n1.htm 
  9. ^ “<民主分裂>小沢元代表ら50人離党届 階、辻氏は離党せず”. 毎日新聞. (2012年7月2日). オリジナルの2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704082643/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000030-mai-pol 
  10. ^ “離党届を提出した衆参議員一覧…小沢ガールズも”. 読売新聞. (2012年7月2日). オリジナルの2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705002041/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000620-yom-pol 
  11. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  12. ^ “「造反事実ない」と参院12人の離党届を受理”. 読売新聞. (2012年7月4日). オリジナルの2012年7月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120710020547/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120704-00000135-yom-pol 
  13. ^ “日本未来の党が設立届 飯田氏「小沢氏は無役」”. 日本経済新聞. (2012年11月28日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFB2803X_Y2A121C1000000 2012年11月29日閲覧。 
  14. ^ “主浜氏の引退表明「タイミング悪すぎ」地元野党”. 読売新聞. (2016年4月27日). オリジナルの2016年4月28日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20160428030138/http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/20160427-OYT1T50100.html?from=ytop_main7 20164-28閲覧。 
  15. ^ “選挙 滝沢市長選 元参院議員・主浜氏が出馬表明 /岩手”. 毎日新聞. (2018年4月8日). https://mainichi.jp/articles/20180408/ddl/k03/010/113000c 2018年7月7日閲覧。 
  16. ^ “岩手)自由党県連、主浜氏の代表代行の辞表受理”. 朝日新聞. (2018年7月5日). https://www.asahi.com/articles/ASL74639NL74UJUB00T.html 2018年10月5日閲覧。 
  17. ^ “【速報】主浜氏が無投票で初当選 滝沢市長選”. 岩手日報. (2018年11月4日). https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/11/4/27736 2018年11月5日閲覧。 
  18. ^ 岩手県 - 知事、市町村長、県議会議員、市町村議会議員の任期満了一覧表(平成29年11月1日現在)
  19. ^ 政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟(幹事)

外部リンク[編集]

先代:
柳村典秀
Emblem of Takizawa, Iwate.svg 岩手県滝沢市長
2018年 –
次代:
(現職)
議会
先代:
小川敏夫
日本の旗 参議院農林水産委員長
2010年 - 2011年
次代:
小川勝也
公職
先代:
浜田和幸逢坂誠二森田高
日本の旗 総務大臣政務官
福田昭夫森田高と共同

2011年 - 2012年
次代:
福田昭夫森田高
党職
先代:
小沢一郎
国民の生活が第一代表
第2代:2012年
次代:
(解党)
先代:
(新設)
国民の生活が第一参議院国会対策委員長
初代:2012年
次代:
(解党)
先代:
広野允士
生活の党副代表
谷亮子と共同

第2代:2013年 - 2016年
次代:
青木愛