戸叶武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戸叶 武
とかの たけし
生年月日 1903年2月11日
出生地 栃木県安蘇郡田沼町
没年月日 (1982-12-25) 1982年12月25日(79歳没)
死没地 東京都新宿区
出身校 早稲田大学
前職 新聞記者
大学教員
所属政党 右派社会党
日本社会党
配偶者 戸叶里子

選挙区 栃木県選挙区
当選回数 4回
在任期間 1953年5月3日 - 1965年6月1日
1971年7月4日 - 1982年12月25日
テンプレートを表示

戸叶 武(とかの たけし、1903年2月11日1982年12月25日)は、日本の政治家日本社会党選出の参議院議員(4期)。妻は衆議院議員戸叶里子

人物[編集]

田中正造の政治的後継者で、下野新聞社長で、戸叶薫雄の長男として、栃木県安蘇郡田沼町に生まれる。旧制宇都宮中学校(現栃木県立宇都宮高等学校)を経て、早稲田大学政治経済学部入学。在学中は、高野実等と社会主義学生団体「文化会」を率いる。また、雄弁会に参加し、1922年(大正11年)、雄弁会先輩の浅沼稲次郎の推薦で幹事を務める[1]

1925年(大正14年)、大学卒業し、ロンドン大学留学。その後東京朝日新聞に記者として、入社。1930年(昭和5年)、国際連盟東京事務所に勤めていた吉田里子と結婚。1940年(昭和15年)、朝日を退職し、大陸新報政治部長兼論説委員長として上海に妻と赴任[1]1942年(昭和17年)の第21回衆議院議員総選挙栃木1区に東方会から出馬するが、落選。戦後、公職追放された[2]。また、宇都宮大学東海大学で政治学を講じた[1]

1952年(昭和27年)の第25回衆議院議員総選挙栃木2区右派社会党から出馬し、落選。1953年(昭和28年)の第3回参議院議員通常選挙栃木県選挙区から右派社会党から立候補し、初当選。1959年(昭和34年)、第5回参議院議員通常選挙日本社会党から出馬し、再選。

1965年(昭和40年)の第7回参議院議員通常選挙では、自由民主党の船田譲田村賢作に敗れ、落選。1968年(昭和43年)の第8回参議院議員通常選挙では、自由民主党の植竹春彦矢野登に敗れ、次点。1971年(昭和46年)1月、第7回栃木県知事選挙に無所属で出馬し、現職の横川信夫に敗れ、落選。同年6月の第9回参議院議員通常選挙当選[1]。同年11月、妻が死去。1977年(昭和52年)、第11回参議院議員通常選挙再選。

1982年(昭和57年)、東京都新宿区戸山の自宅で死去[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治〜昭和』日外アソシエーツ、2003年。