戸叶里子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
戸叶 里子
とかの さとこ
Tokano Satoko.jpg
1952年
生年月日 1908年11月29日
出生地 長野県東筑摩郡里山辺村
(現・松本市
没年月日 (1971-11-07) 1971年11月7日(満62歳没)
出身校 同志社女子専門学校
(現・同志社女子大学
前職 教員
新聞記者
所属政党 日本民党→
日本社会党
右派社会党(1951-55)→
日本社会党
配偶者 戸叶武

選挙区 栃木県全県区→
栃木県第1区
当選回数 11
在任期間 1946年4月11日 - 1971年11月7日
テンプレートを表示

戸叶 里子(とかの さとこ、1908年11月29日1971年11月7日)は、日本の政治家日本社会党選出の衆議院議員

人物[編集]

長野県東筑摩郡里山辺村(現松本市)に、尋常高等小学校校長吉田頼吉の二女として生まれる。1929年に同志社女子専門学校(現・同志社女子大学)を卒業すると、上京して国際連盟東京事務所に勤務する。

1930年朝日新聞記者の戸叶武(元参議院議員)と結婚。翌1931年から、河上丈太郎の妻・末子が開いた勤労者のための英語教室「愛宕塾」で教師を務める。1939年青蘭女子商業学校で英語教師。

1940年朝日を退職した夫に伴い上海に渡り、福家俊一が社長を務めていた「大陸新報」の記者となる。2年後に帰国、戦災に遭ってからは夫の郷里である栃木県宇都宮市に移転していた。

戦後、武は橋本登美三郎らとともに「日本民党」を結成し、国政進出の準備を進めていたが、1942年翼賛選挙中野正剛らの「東方会」から出馬していた前歴がたたり、公職追放された。里子は武から説得され、身代わりで1946年第22回衆議院議員総選挙に日本民党公認で栃木全県区(当時)から立候補し、最高点で当選。日本初の女性代議士の一人となる。以後連続11回当選。後に日本社会党に入党、河上丈太郎派に所属する。

大蔵大臣泉山三六による『国会キス事件』では、『議場内粛正に関する決議』の提案者となり、決議を採択させた。

シベリア抑留問題では、当時ソ連と親しい関係にあった左派社会党国会議員による視察団に参加し、収容所を視察した。視察はすべてソ連側が準備したもので、「ソ連は抑留者を人道的に扱っている」と宣伝するためのものであったが、抑留者の生活の様子を視察し、ともに食事を取った戸叶は思わず「こんな不味いものを食べているのですか」と漏らしたという[1]

視察団は日本人抑留者から手紙を託されたが、帰国後に手紙を握りつぶし、国会で虚偽の報告を行った。戸叶も、「とても良い環境で労働しており、食料も行き渡っている」と述べた。抑留者の帰国後、虚偽の発言であったことが発覚し、問題となった[1]

売春防止法制定に尽力する一方、1960年安保国会では飛鳥田一雄石橋政嗣岡田春夫らとともに「安保7人衆」の一人として政府追及の先頭に立った。長く衆院外務委員を務め、「社会党内閣が発足したら外務大臣」の呼び声も高かった。

彫りの深い美貌と自らを厳しく律するストイックな姿勢で、根強い個人人気があった。1970年党代議士会長。

脚注[編集]

  1. ^ a b 稲垣武『悪魔祓いの戦後史―進歩的文化人の言論と責任』(文春文庫)・文藝春秋刊)