北村徳太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1953年

北村 徳太郎(きたむら とくたろう、1886年5月9日 - 1968年11月15日)は日本政治家銀行家

来歴・人物[編集]

佐世保商業銀行頭取、親和銀行頭取などを経て、1946年第22回衆議院議員総選挙で、修正資本主義を掲げて旧長崎2区より日本進歩党から出馬し初当選。以後1960年まで7回連続当選する。財政・経済通として片山哲内閣運輸大臣芦田均内閣大蔵大臣を務めた。

1949年の衆院選後、吉田茂民主自由党との連携を図る犬養健総裁ら「連立派」と袂を分かち、「野党派」として芦田均苫米地義三中曽根康弘園田直稲葉修川崎秀二らと行動を共にする。以後国民民主党改進党の結成に参加。

1948年以降、日ソ東欧貿易協会会長を長く務め、また日中国交回復にも尽力するなど、対共産圏との関係改善・交流促進に努めた。またトルストイアルベルト・シュヴァイツァーを敬愛する熱心なクリスチャンとしても知られ、東京神学大学明治学院大学などの理事長を務めた。また世界連邦運動(世界連邦日本国会委員会第3代会長)にも取り組んだ。

1955年保守合同自由民主党に所属し、河野一郎派に客分として参加。1960年の総選挙で落選し、政界を引退した。

1968年11月15日死去。82歳没。

略歴[編集]

同姓同名候補による選挙[編集]

1958年衆院議員選挙長崎2区には、北村徳太郎(自民前、元大蔵相、71、佐世保市在住)と同姓同名の北村徳太郎(無所属新、会社役員、45、松浦市在住)が立候補。日本初の同姓同名候補による選挙戦となった。長崎県選挙管理委員会は、按分票による開票の混乱を避けるため、有権者に対し、両者の区別がつくような文言(「前大臣の」「佐世保の」「無所属の」「40代の」など)を投票用紙に記入するよう呼びかけた。当初、開票作業の混乱が予想されたが、得票数は前職・北村が5万6千票強の貫禄勝ち。新人の北村は4百票に満たない泡沫候補であった。

エピソード[編集]

  • 大蔵大臣時代の新人官僚に本名の平岡公威として大蔵省に在籍していた三島由紀夫がいる。「文才」を買われて大臣の演説原稿の執筆した平岡は「笠置シヅ子さんの華麗なアトラクションの前に、私のようなハゲ頭がしゃしゃり出るのはまことに艶消しでありますが」で始まる原稿草案を書いた。当然ながらボツになっている。

参考文献[編集]

  • 鈴木伝助『一書の人北村徳太郎』教文館、1970年。


議会
先代:
設置
日本の旗 衆議院財政及び金融委員長
1947年
次代:
早稲田柳右衛門
公職
先代:
栗栖赳夫
日本の旗 大蔵大臣
第53代:1948年
次代:
泉山三六
先代:
苫米地義三
日本の旗 運輸大臣
第9代:1947年 - 1948年
次代:
岡田勢一