岩崎純三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩崎純三
いわさき じゅんぞう
生年月日 1924年5月5日
出生地 日本の旗栃木県
没年月日 (2004-07-10) 2004年7月10日(80歳没)
出身校 日本大学法文学部政治経済学科卒業
所属政党 自由民主党
称号 勲一等旭日大綬章
正三位

内閣 宮沢内閣
在任期間 1991年11月5日 - 1992年12月12日

選挙区 栃木県選挙区
当選回数 4回
在任期間 1977年7月11日 - 2001年7月22日

Flag of Moka Tochigi.svg 真岡市長
当選回数 4回
在任期間 1962年5月10日 - 1977年5月14日
テンプレートを表示

岩崎 純三(いわさき じゅんぞう、1924年5月5日 - 2004年7月10日)は、日本の政治家。栃木県真岡市長参議院議員自由民主党所属)、総務庁長官を歴任した。栃木県出身。日本大学法文学部政治経済学科卒業[1]

経歴[編集]

1951年、真岡町(現・真岡市)議会議員に当選[2]1958年第28回衆議院議員総選挙1960年第29回衆議院議員総選挙では栃木2区から自由民主党公認で立候補したが落選した[3]1962年に栃木県真岡市長に当選。当時、38歳の全国最年少市長だった[4]1977年まで4期15年務めた。その間、工業団地の造成、神戸製鋼の誘致などに努め、地元発展の基礎を作った。後、1977年第11回参議院議員通常選挙栃木県選挙区から自民党公認で出馬、この選挙は保守乱立となったが、自民党栃木県連会長の森山欽司が事務長、船田中が後援会長を務め、初当選を果たした[5]。その後連続当選4回。自民党内では三木武夫河本敏夫派に属した。1991年宮澤内閣総務庁長官として初入閣。2001年勲一等旭日大綬章受章。同年政界引退。

2004年7月10日死去。享年80。叙・正三位

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 桜門紳士録刊行会編『桜門紳士録』桜門紳士録刊行会 昭和57年6月10日 政界編97頁
  2. ^ 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』69頁。
  3. ^ 『朝日選挙大観』465頁。
  4. ^ 『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、613頁。
  5. ^ 森山欽司 ─反骨のヒューマニスト─ 第二十章 (PDF)”. 2007年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • 桜門紳士録刊行会編『桜門紳士録』桜門紳士録刊行会 昭和57年6月10日
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 朝日新聞選挙本部編『朝日選挙大観』朝日新聞社、1997年。
  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。
議会
先代:
大河原太一郎
日本の旗 参議院予算委員長
1997年 - 1998年
次代:
倉田寛之
先代:
遠藤政夫
日本の旗 参議院社会労働委員長
1985年 - 1986年
次代:
佐々木満
公職
先代:
佐々木満
日本の旗 総務庁長官
第11代:1991年 - 1992年
次代:
鹿野道彦
先代:
菊地幸作
Flag of Moka Tochigi.svg 真岡市長
第2代:1962年 - 1977年
次代:
中里精