矢野登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

矢野 登(やの のぼる、1903年8月25日[1] - 1993年4月17日)は、日本実業家日本政治家自由民主党参議院議員(2期)。

来歴・人物[編集]

栃木県那須郡烏山町[2](現那須烏山市)出身。1921年栃木県立小瀬農学校卒。1938年三共日産自動車(株)を創立。ほか三共物産(株)、(株)東武宇都宮百貨店、日産プリンス栃木販売(株)を創立。代表取締役などに就任した。この他宇都宮商工会議所副会頭や栃木県石油協同組合理事長を歴任。1968年第8回参議院議員通常選挙栃木県から自由民主党公認で立候補して初当選。第2次田中内閣通商産業政務次官を務めた。1974年7月の第10回参議院議員通常選挙で落選。同年12月の船田譲の栃木県知事選立候補に伴う補欠選挙で当選。その後三木内閣(改造時)から福田内閣まで科学技術政務次官を務めた。1977年第11回参議院議員通常選挙で落選した。1993年死去。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引(昭和元年~平成23年) I 政治・経済・社会篇』(日外アソシエーツ、2012年)p.1279
  2. ^ a b 『栃木県歴史人物事典』607頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『栃木県歴史人物事典』下野新聞社、1995年。