上野通子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
上野通子
うえの みちこ
生年月日 (1958-04-21) 1958年4月21日(59歳)
出生地 栃木県宇都宮市
出身校 共立女子大学文芸学部
前職 栃木県議会議員
現職 参議院議員
所属政党 自由民主党(無派閥)
公式サイト 上野みちこ公式サイト

日本の旗 参議院議員
選挙区 栃木県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2010年7月 - 現職

栃木県の旗 栃木県議会議員
選挙区 宇都宮市選挙区
宇都宮市・上三川町選挙区
当選回数 2回
在任期間 2003年4月 - 2010年
テンプレートを表示

上野 通子(うえの みちこ、1958年4月21日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)。元文部科学大臣政務官、元栃木県議会議員(2期)。

来歴[編集]

栃木県宇都宮市生まれ。宇都宮市立昭和小学校宇都宮大学教育学部附属中学校栃木県立宇都宮女子高等学校共立女子大学文芸学部卒業。

1981年4月、親族が経営する文星芸術大学附属高等学校(旧・宇都宮学園高等学校)に勤務。1985年4月より、宇都宮文星女子高等学校国語教師として勤務した[1]1997年に渡英し3年間日本語講師を務めた後、2000年に帰国、文星国際交流センター長に就任した[2]

2003年4月13日、栃木県議会議員選挙に無所属で出馬し当選[3]。県議会児童・高齢者虐待問題対策特別委員長、農林環境委員長など歴任した[2]2007年4月8日の県議選には自由民主党公認で出馬し2選[4]

自民党栃木県連初の公募を経て[5]2010年7月11日の第22回参議院議員通常選挙に自民党公認候補として栃木県選挙区から立候補。民主党現職の簗瀬進を僅差で制して初当選した(上野:324,790票、簗瀬:319,898票)[6]

2013年9月30日、第2次安倍内閣文部科学大臣政務官に就任(2014年9月、退任)[5]2016年7月10日の第24回参議院議員通常選挙で野党統一候補を破り再選[7]

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 上野 通子(うえの みちこ):参議院議員プロフィール参議院ホームページ
  2. ^ a b 公式プロフィール
  3. ^ 栃木県議会議員選挙 宇都宮市選挙区 (2003/04/13)投票ザ選挙
  4. ^ 栃木県議選 開票結果”. 読売新聞. 2016年7月5日閲覧。
  5. ^ a b 第2次安倍内閣 大臣政務官名簿”. 首相官邸. 2016年7月5日閲覧。
  6. ^ 上野通子 参院選2010”. 読売新聞. 2016年7月5日閲覧。
  7. ^ 上野通子 参院選2016”. 読売新聞. 2016年7月11日閲覧。
  8. ^ a b c “2010参院選 民主党・比例代表 候補者アンケートの回答”. 毎日新聞社
  9. ^ 朝日新聞2016年参院選候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)、(2016年6月23日閲覧))
  10. ^ 日本軍「慰安婦」強制を否定/安倍首相が賛同/米紙に意見広告 4閣僚も/国内外の批判は必至/昨年11月 しんぶん赤旗 2013年1月6日
  11. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]

公職
先代:
丹羽秀樹義家弘介
日本の旗 文部科学大臣政務官
冨岡勉と共同
2013年 - 2014年
次代:
赤池誠章山本朋広
党職
先代:
島尻安伊子
自由民主党女性局長
2012年 - 2013年
次代:
三原じゅん子