矢追秀彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
矢追秀彦
やおい ひでひこ
生年月日 (1933-12-08) 1933年12月8日
出生地 兵庫県
没年月日 (2009-12-12) 2009年12月12日(76歳没)
出身校 大阪大学
所属政党 (公明党→)
(公明→)
公明党

選挙区 大阪府第6区
当選回数 3回
在任期間 1983年12月19日 - 1993年6月18日

選挙区 全国区
当選回数 3回
在任期間 1968年7月9日 - 1983年12月3日
テンプレートを表示

矢追 秀彦(やおい ひでひこ、1933年12月8日 - 2009年12月12日)は、日本政治家兵庫県出身。大阪大学歯学部卒業。参議院議員(3期)。衆議院議員(3期)。

経歴[編集]

1933年12月8日、兵庫県に生まれる。

1952年大阪府立池田高等学校卒業。1958年、大阪大学歯学部を卒業する。

1965年7月4日第7回参議院議員通常選挙に、全国区から公明党公認候補として立候補し、初当選する。(以降、参議院議員3期、衆議院議員3期)。

1980年6月22日第12回参議院議員通常選挙に、公明党公認立候補として立候補し、当選する。公明党参議院国会対策委員長に就任する。

1982年公職選挙法改正法案(地方区・全国区を廃止し、都道府県選挙区・比例代表区制への移行)の際、民社党と共に、自民党と応戦する。

1983年12月18日第37回衆議院議員総選挙に、大阪6区から北側義一の後継で公明党公認候補として立候補し、当選する。衆議院議員に転じた。

1986年12月、公明党大会において、公明党副書記長に就任する。

1993年7月、第40回衆議院議員総選挙に立候補せず、選挙地盤佐藤茂樹に譲り、政界を引退する。

1994年、公明党副委員長に就任する。

1994年12月5日、公明党の解散にともない、公明の結成に参加する。

2009年12月12日、心不全のため死去[1]

役職歴[編集]

  • 公明党参議院国会対策委員長
  • 公明党副書記長
  • 公明党副委員長

出典[編集]

  1. ^ “訃報:矢追秀彦さん76歳=元公明党衆院議員”. 毎日新聞. (2009年12月14日). http://mainichi.jp/select/person/news/20091215k0000m060017000c.html 2009年12月16日閲覧。 
名誉職
先代:
石田次男
最年少参議院議員
1965年7月 - 1968年7月
次代:
峯山昭範