谷川寛三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
谷川 寛三
たにがわ かんぞう
生年月日 1920年6月24日
没年月日 (2015-11-30) 2015年11月30日(満95歳没)
出身校 東京帝国大学
前職 大蔵省官僚
所属政党 自由民主党
称号 勲一等瑞宝章
テンプレートを表示

谷川 寛三(たにがわ かんぞう、1920年6月24日 - 2015年11月30日)は、日本官僚政治家。元自由民主党参議院議員衆議院議員。元科学技術庁長官

来歴・人物[編集]

高知県出身。高知高等学校 (旧制)を経て、東京帝国大学法学部政治学科卒業後の1943年大蔵省に入省。東京国税局長、関税局長などを経て1976年衆議院議員選挙に高知全県区から出馬し初当選。再選を目指した1979年総選挙で落選したため、1980年に参議院議員に鞍替え。当選2回。

自民党内では福田→安倍→三塚派に所属。参議院農林水産委員長、参議院地方行政委員長を経て1991年11月から1992年12月まで宮澤内閣科学技術庁長官を務めた。1992年政界引退。この時の選挙では、小沢一郎が側近の平野貞夫(同じ高知県出身)を出馬させるために、谷川を出馬断念に追い込んだといわれている。1993年勲一等瑞宝章受章。

一般財団法人アジア会館会長、東京フード製菓中医薬専門学校の学校長も務めた。

2015年11月30日、老衰のため死去[1]。95歳没。没後従三位追贈[2]

大蔵省同期[編集]

入省同期に、高木文雄橋口収山下元利木野晴夫(北海道財務局長、衆議院議員)

当選同期[編集]

愛知和男中村喜四郎鳩山邦夫西田司中島衛池田行彦堀内光雄相沢英之津島雄二鹿野道彦塚原俊平中西啓介与謝野馨渡辺秀央中川秀直

脚注[編集]

  1. ^ 谷川寛三氏が死去 元科学技術庁長官、元参院議員 日本経済新聞 2015年12月3日
  2. ^ 故谷川寛三氏らに従三位 産経新聞 2015年12月25日閲覧

外部リンク[編集]


公職
先代:
山東昭子
日本の旗 科学技術庁長官
第47代:1991年 -1992年
次代:
中島衛
先代:
山東昭子
日本の旗 原子力委員長
第47代:1991年 -1992年
次代:
中島衛