坂本昭 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

坂本 昭(さかもと あきら、1913年大正2年)7月24日 - 1978年昭和53年)12月2日)は、日本の医師政治家

高知県選挙区選出の元参議院議員(在任1956年(昭和31年) - 1962年(昭和37年))、第24・25・26代高知市長(在任1967年(昭和42年)-1978年(昭和53年)10月)を務めた。

経歴[編集]

  • 1930年(昭和5年)、高知県立城東中学校修了。
  • 1933年(昭和8年)、旧制高知高等学校卒業。
  • 1937年(昭和12年)
  • 1938年(昭和13年)、北支方面 軍医部の伝染病対策に応じ北支・中支へ。
  • 1946年(昭和21年)
    • 終戦後、レンパン島から復員。高知市五台山の自宅へ。
    • 南海大地震後、救援隊を指揮し被災者救援活動を行う。
  • 1947年(昭和22年)、国立高知療養所[1](結核専門)初代所長就任(1956年まで)。
  • 1950年(昭和25年)、医学博士。
  • 1952年(昭和27年)
    • 高知新聞文化賞受賞(結核対策に寄与)。
    • 附属准看護学院学院長(兼務)。
  • 1956年(昭和31年)、参議院議員当選(高知県選挙区選出、日本社会党)。
  • 1960年(昭和35年)、大逆事件の真実をあきらかにする会、初代事務局長就任。[2][3]
  • 1967年(昭和42年)、高知市長(24代目)当選(1期目)。
  • 1969年(昭和44年)
    • 高知県市長会会長就任(1978年まで)。
    • 四国市長会会長就任(1970年まで)。
  • 1971年(昭和46年)
    • 高知市長(25代目)再選(2期目)。
    • 全国市長会副会長(1978年まで)。
  • 1972年(昭和47年)、全国市長会相談役(1977年まで)。
  • 1973年(昭和48年)、四国市長会会長(1974年まで)。
  • 1975年(昭和50年)、高知市長(26代目)再選(3期目)。
  • 1976年(昭和51年)、台風17号来襲、非常事態宣言を発す[4][5]
  • 1977年(昭和52年)、四国市長会会長(1978年まで)。
  • 1978年(昭和53年)
    • 全国革新市長会会長就任
    • 10月、病気のため、高知市長辞任。
    • 12月、高知市立市民病院にて死去(結腸癌)[6]。65歳没。
  • 1979年(昭和54年)3月27日、坂本昭医学研究奨励基金条例[7] 制定。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国立病院機構高知病院ホームページ「病院沿革」 (国立高知療養所は昭和56年に国立療養所東高知病院と改称された後、平成12年に統合新病院「国立高知病院」となり、平成16年に「国立病院機構高知病院」へ改称された。)
  2. ^ 福島みずほHP「大逆事件百年後の意味 院内集会」参議院議員会館講堂 (大逆事件の再審請求の支援のために、参議院議員の坂本昭氏らが主なメンバーとなって「大逆事件の真実をあきらかにする会」が発足した)
  3. ^ 衆議院会議録情報 第043回国会 法務委員会 (坂本昭氏が大逆事件で仮出獄となった坂本清馬氏と同郷関係からこの事件に取り組むようになり、「大逆事件の真実をあきらかにする会」が生まれ、再審請求の推進役となった。『坂本昭集』1112~1115頁)
  4. ^ 昭和51年 台風17号災害-高知市公式ホームページ (当時の坂本市長が「非常事態宣言」を発表。「自分の命は自分で守ってほしい。」という報道を行った。)
  5. ^ 検証'98高知豪雨(1)-高知新聞 (鏡川の濁流が堤防を越え、当時の坂本昭市長が、「避難命令・勧告の有無にかかわらず、危険を予測したら避難を」と全市民に呼びかけた。有名な高知市非常事態宣言である。)
  6. ^ 『坂本昭集』856頁「一人の社会主義者の歩み」
  7. ^ 高知市例規集「坂本昭医学研究奨励基金条例」 (坂本家の寄附による財産から生ずる収益をもって、がんの研究等医学の研究研修の振興を図り、奨励する基金を設置する条例)
  8. ^ 御庄博実(丸屋博:医者)『樺美智子さんの「死の真相」(60年安保の裏側で)―60年安保闘争50周年』 (当時参議院議員で日本国民救援会会長でもあった坂本昭氏は樺美智子さんの司法解剖に立ち会い、その死因は窒息であり、扼死の疑いが強いなどと参議院会館で記者団に中間発表した。1960年6月22日、朝日新聞)

出典・参考文献[編集]


先代:
氏原一郎
高知市長
第24 - 26代:1967年 - 1978年
次代:
横山龍雄