佐竹晴記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐竹晴記

佐竹 晴記(さたけ はるき、1896年明治29年)9月6日 - 1962年昭和37年)4月24日)は、日本の政治家弁護士社会民衆党社会革新党民主社会党に属し、片山内閣では司法政務次官を務めた。

来歴・人物[ソースを編集]

高知県高岡郡窪川町(現在の四万十町)仕出原に生まれる。窪川高等小学校を卒業後、窪川郵便局員、大連航路汽船の三等油差しなどに従事する。その後上京し、中央大学法科に学び弁護士試験に合格。24歳で弁護士として東京で開業したが、1923年関東大震災のため高知市に帰り北奉公人町(現在の高知市上町)で再度開業した。

高知市議会議員を経て、1929年社会民衆党高知支部を結成および支部長となる。1935年10月高知県会議員に当選、1936年2月1946年4月1947年4月1953年4月1955年2月衆議院議員総選挙に当選する。第二次世界大戦後には日本社会党に属し1947年の片山内閣では司法政務次官を務めていたが、1948年平野力三派が同党を離脱して結成した社会革新党に参加し書記長に就任。第2次吉田内閣組閣時には閣僚に迎えられたが、保守政党からの招きは自分の主義と異なると断固辞退した。その後右派社会党を経て社会党に復帰するが、1960年には民主社会党結成に参加、高知県支部長となる。

また、弁護士としても弘岡小作争議など、弘岡高岡地区の農民争議の犠牲者救済のため活躍した。正四位勲二等を受章。

1964年4月24日、高知市の自邸にて死去。享年66。