五島正規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五島 正規
生年月日 (1939-03-05) 1939年3月5日
出生地 京都府京都市
没年月日 (2016-11-14) 2016年11月14日(77歳没)
出身校 岡山大学医学部
前職 医師
医療法人理事長
所属政党日本社会党→)
社会民主党→)
旧民主党→)
民主党

選挙区高知県全県区→)
比例四国ブロック高知1区
当選回数 6回
在任期間 1990年2月19日 - 2005年12月13日
テンプレートを表示

五島 正規(ごとう まさのり、1939年3月5日 - 2016年11月14日[1])は、日本政治家医師衆議院議員(6期)、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、衆議院環境委員長を務めた。

経歴[編集]

京都府京都市出身。岡山大学医学部卒業。1979年11月に医療法人防治会四国勤労病院を設立。

1990年第39回衆議院議員総選挙で、日本社会党から高知県全県区に出馬し初当選。以降、連続当選6回。

1996年旧民主党結党に参画。

小選挙区比例代表並立制が導入された同年の第41回衆議院議員総選挙以降は、高知1区から立候補した。この選挙では日本共産党山原健二郎に、2000年総選挙からは3回連続で自由民主党福井照に敗れ、すべて比例四国ブロックで復活しての当選である。

2001年2月、衆議院環境委員長に就任。

2005年9月の第44回衆議院議員総選挙で当選後の10月14日、政策担当秘書らが公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された。裁判の初公判で政策秘書が起訴事実を認めたため、12月13日に議員辞職願を提出。同日、国会閉会中のため衆議院議長河野洋平が辞職を許可した。辞職にともない、同ブロック民主党名簿で次点の高井美穂繰り上げ当選となった。

2016年11月14日肝不全のため死去。77歳没。

政策[編集]

略歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “元衆院議員の五島正規さん死去 6期目途中に辞職”. 朝日新聞. (2016年11月15日). http://www.asahi.com/articles/ASJCH3G2ZJCHPLPB005.html?ref=rss 2016年11月15日閲覧。 
  2. ^ 第142回国会 法務委員会 第19号
  3. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望 - 空港はいらない静岡県民の会(2009年3月7日時点のアーカイブ
  4. ^ 高知新聞 「合併効果で政権交代」 2003年10月21日
  5. ^ 高知新聞、「問う、特定秘密保護法、13年12月4日