奥野総一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
衆議院議員 奥野 総一郎
生年月日 (1964-07-15) 1964年7月15日(52歳)
出生地 日本の旗 兵庫県神戸市
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員郵政省
広中和歌子参議院議員政策担当秘書
現職 千葉県第9選挙区総支部長
所属政党 無所属→)
民主党→)
民進党野田グループ赤松グループ
称号 法学士
公式サイト 衆議院議員 おくの総一郎 公式ホームページ
選挙区 千葉9区→)
比例南関東ブロック
当選回数 3回
テンプレートを表示

奥野 総一郎(おくの そういちろう、1964年7月15日 - )は、日本政治家郵政官僚民進党所属の衆議院議員(3期)。

来歴[編集]

兵庫県神戸市生まれ。神戸大学附属小学校甲陽学院中学校・高等学校東京大学法学部卒業[1]1989年郵政省に入省。1996年より横浜市企画局に出向。

2005年千葉市長選挙に無所属で出馬したが、現職の鶴岡啓一に敗れ、落選。その後、千葉県選挙区選出の参議院議員であった民主党広中和歌子政策担当秘書に転じる。

2009年第45回衆議院議員総選挙千葉9区から民主党公認で出馬。なお立候補に際し、7月21日小沢一郎資金管理団体「陸山会」から500万円の寄付を受けた。千葉9区で自由民主党現職の水野賢一を破り、初当選した。同年12月、民主党幹事長(当時)の小沢が率いる訪中団に参加した。2010年9月の民主党代表選挙では現職の菅直人ではなく、小沢を支持した[2]

2012年3月、原発ゼロの会の立ち上げに参加。同年12月の第46回衆議院議員総選挙には民主党公認、国民新党推薦で千葉9区から出馬。選挙区では自民党新人の秋本真利に敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、再選。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙には千葉9区で秋本に敗れたが、前回よりも票差を縮め、重複立候補していた比例南関東ブロックで再び復活し、3選。2015年1月の民主党代表選挙では元代表岡田克也の推薦人に名を連ね[3]、岡田が党代表に選出された[4]

政策・主張[編集]

人物[編集]

  • 家族は妻、1男1女[1]
  • 当選後も議員宿舎には入居せず、自宅から国会へ通勤している[1]

所属団体・議員連盟[編集]

  • 原発ゼロの会
  • 太陽光発電推進議員連盟
  • 東北関東大震災被災地支援促進行動議員連盟
  • 発達障害の支援を考える議員連盟
  • 民主党アスベスト対策推進議員連盟
  • 民主党行政書士制度推進議員連盟
  • 民主党タクシー政策議員連盟
  • 民主党動物愛護管理法改正を検討する議員連盟
  • 民主党成田空港ハブ化推進議員連盟
  • 民主党弁理士制度推進議員連盟

脚注[編集]

外部リンク[編集]