千葉県第7区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗千葉県第7区
衆議院小選挙区 千葉県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 松戸市6区に属しない区域)、野田市流山市
(2017年7月16日現在)
比例区 南関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 齋藤健
有権者数 422,183人
1.77 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2017年9月1日)
テンプレートを表示

千葉県第7区(ちばけんだい7く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[ソースを編集]

歴史[ソースを編集]

株式会社マツモトキヨシ会長の松本和那と息子松本和巳が民主党内山晃と激しく競り合ってきた選挙区。和己の選挙違反による第44回衆議院議員補欠選挙では民主党新人の太田和美が元埼玉県副知事の齋藤健を僅差で破り当選した。第45回衆議院議員総選挙では民主党は内山、太田と二人の議員を抱えた為にながらく地盤を築き上げてきた内山に補欠選挙選挙区当選の太田が譲る形となった。なお太田は福島2区へ鞍替えし当選を果たしている。直近の選挙では斎藤が半分近い得票率を得て当選している。さらに齋藤は当選3回ながら重要ポストと目されている農林水産大臣に就任したことで更なる地盤の強化が進むと思われる。

小選挙区選出議員[ソースを編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 松本和那 自由民主党 小選挙区設置後初の選挙
第42回衆議院議員総選挙 2000年 松本和那 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 内山晃 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 松本和巳 自由民主党
第44回衆議院議員補欠選挙 2006年 太田和美 民主党 ※松本和巳の公選法違反による議員辞職に基づく。
第45回衆議院議員総選挙 2009年 内山晃 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 齋藤健 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 齋藤健 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 斎藤健 自由民主党

選挙結果[ソースを編集]

第48回衆議院議員総選挙 千葉県第7区

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年10月22日
当日有権者数:421,071人 最終投票率:51.42%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
齋藤健58自由民主党115,731票
54.5%
――公明党推薦
石塚貞通50立憲民主党51,776票
24.4%
44.7%
波多野里奈44希望の党29,706票
14.0%
25.7%
渡部隆夫74日本共産党15,025票
7.1%
13.0%
第47回衆議院議員総選挙 千葉県第7区

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年12月14日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
齋藤健55自由民主党111,030票
55.0%
――公明党推薦
石塚貞通47維新の党48,651票
24.1%
43.8%
渡部隆夫71日本共産党27,306票
13.5%
24.6%
阿部治正60社会民主党14,718票
7.3%
13.3%
第46回衆議院議員総選挙 千葉県第7区

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
齋藤健53自由民主党104,839票
45.8%
――公明党推薦
林千勝51日本維新の会29,665票
13.0%
28.3%
中沢健57民主党28,970票
12.7%
27.6%
内山晃58日本未来の党24,216票
10.6%
23.1%新党大地推薦
石塚貞通45みんなの党22,999票
10.0%
21.9%
渡部隆夫69日本共産党12,080票
5.3%
11.5%
村上克子73社会民主党6,096票
2.7%
5.8%
第45回衆議院議員総選挙 千葉県第7区

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
内山晃55民主党125,647票
49.1%
――
比当齋藤健50自由民主党104,262票
40.7%
83.0%
上田恵子42社会民主党23,086票
9.0%
18.4%
牧野正彦54幸福実現党3,140票
1.2%
2.5%
第44回衆議院議員補欠選挙 千葉県第7区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
太田和美26民主党 87,046票
45.9%
齋藤健46自由民主党86,091票
45.4%
徳増記代子53日本共産党14,274票
7.5%
宮岡進一郎64無所属1,530票
0.8%
小林崇徳63無所属681票
0.4%
  • 太田は第45回総選挙では福島2区に国替えし、当選。
第44回衆議院議員総選挙 千葉県第7区

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松本和巳40自由民主党118,801票
49.1%
――
比当内山晃51民主党104,630票
43.2%
88.1%
徳増記代子52日本共産党18,658票
7.7%
15.7%
  • 松本は辞職後、連座制適用により第45回は無所属(平沼グループ)で6区から立候補、第46回は東京2区から立候補(日本維新の会)するも、落選。
第43回衆議院議員総選挙 千葉県第7区

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
内山晃49民主党96,915票
48.0%
――
松本和巳38自由民主党83,899票
41.6%
86.6%
渡部隆夫60日本共産党16,481票
8.2%
17.0%
宮岡進一郎62無所属4,485票
2.2%
4.6%×
第42回衆議院議員総選挙 千葉県第7区

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松本和那61自由民主党81,252票
38.8%
――
内山晃46民主党62,292票
29.7%
76.7%
妹尾七重57日本共産党31,930票
15.2%
39.3%
北角虎男73社会民主党24,432票
11.7%
30.1%
三角和雄42自由連合9,637票
4.6%
11.9%
第41回衆議院議員総選挙 千葉県第7区

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松本和那57自由民主党71,306票
36.4%
――
宮本悦朗48新進党53,484票
27.3%
75.0%
湯浅和子54民主党41,980票
21.4%
58.9%
若王子博夫68日本共産党26,242票
13.4%
36.8%
今泉理42自由連合2,968票
1.5%
4.2%

脚注[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]