島根県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗島根県第1区
衆議院小選挙区 島根県7.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 松江市安来市雲南市(旧大原郡域)、出雲市(旧平田市域)、仁多郡隠岐郡
(2017年7月16日現在)
比例区 中国ブロック
設置年 1994年2002年区割変更)
選出議員 細田博之
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
279,299人
1.2 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

島根県第1区(しまねけんだい1く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。2002年(平成14年)に一部区割りの見直しが行われた。

区域[ソースを編集]

2002年の公職選挙法改正以前の区域は以下の通りであった。

歴史[ソースを編集]

小選挙区制導入以来、中選挙区時代(島根県全県区)から細田家(細田吉蔵博之)が二代にわたって築き上げた強固な地盤や後援組織を背景に、自由民主党の細田博之が連続当選している保守王国の一つである。細田は竹下登元首相から「私の次に選挙に詳しい」と高く評価されたように選挙には極めて強い。2005年の総選挙の際は内閣官房長官、2009年の総選挙の際は幹事長、2012年の総選挙の際は総務会長、2014年の総選挙の際は幹事長代行の要職にあったためほとんど選挙区に入れなかったが、常に他候補を圧倒して勝利している(しかし2009年総選挙では民主党候補の小室寿明に久々の比例復活を許している)。 竹島(隠岐郡隠岐の島町)も本選挙区である。

小選挙区選出議員[ソースを編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 細田博之 自由民主党 旧区域
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 細田博之 自由民主党 旧区域
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 細田博之 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 細田博之 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 細田博之 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 細田博之 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 細田博之 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 細田博之 自由民主党

選挙結果[ソースを編集]

第48回衆議院議員総選挙 島根県第1区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:276,774人 最終投票率:59.17%(前回比:+1.23ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
細田博之 73 自由民主党 95,513票
59.4%
―― 公明党推薦
比当 亀井亜紀子 52 立憲民主党 65,285票
40.6%
68.4% 社会民主党民進党島根県総支部連合会
第47回衆議院議員総選挙 島根県第1区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:275,513人 最終投票率:57.94%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
細田博之 70 自由民主党 100,376票
64.3%
―― 公明党
和田章一郎 67 民主党 38,346票
24.5%
38.2%
上代善雄 60 日本共産党 17,479票
11.2%
17.4%
第46回衆議院議員総選挙 島根県第1区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
細田博之 68 自由民主党 112,605票
64.7%
――
小室寿明 52 民主党 47,343票
27.2%
42.0%
吉儀敬子 61 日本共産党 14,173票
8.1%
12.6%
第45回衆議院議員総選挙 島根県第1区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
細田博之 65 自由民主党 122,595票
57.2%
――
比当 小室寿明 48 民主党 80,789票
37.7%
65.9% 国民新党 推薦
石飛育久 33 日本共産党 8,923票
4.2%
7.3%
池田健一郎 29 幸福実現党 2,060票
1.0%
1.7%
  • 小室は第44回は2区で落選。
第44回衆議院議員総選挙 島根県第1区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
細田博之 61 自由民主党 125,401票
60.5%
――
濱口和久 36 民主党 59,334票
28.6%
47.3%
上代善雄 51 日本共産党 12,786票
6.2%
10.2%
加納克己 61 社会民主党 9,675票
4.7%
7.7%
第43回衆議院議員総選挙 島根県第1区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
細田博之 59 自由民主党 117,897票
61.0%
――
濱口和久 35 民主党 61,071票
31.6%
51.8%
上代善雄 49 日本共産党 14,237票
7.4%
12.1%
第42回衆議院議員総選挙 島根県第1区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
細田博之 56 自由民主党 74,163票
50.9%
――
石橋大吉 68 民主党 37,323票
25.6%
50.3%
岩本久人 57 無所属の会 25,671票
17.6%
34.6%
吉川晴雄 48 日本共産党 8,484票
5.8%
11.4%
第41回衆議院議員総選挙 島根県第1区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
細田博之 52 自由民主党 73,907票
52.1%
――
比当 石橋大吉 64 民主党 46,481票
32.8%
62.9%
中林佳子 50 日本共産党 21,416票
15.1%
29.0%

関連項目[ソースを編集]