鳥取県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗鳥取県第2区
衆議院小選挙区 鳥取県2.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 米子市境港市東伯郡湯梨浜町琴浦町北栄町西伯郡日野郡
(2017年7月16日現在)
比例区 中国ブロック
設置年 1994年2013年区割変更)
選出議員 赤沢亮正
有権者数 23万4822人
1.015 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

鳥取県第2区(とっとりけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2013年の改正に伴い、湯梨浜町1区から2区に編入された。

2013年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

歴史[編集]

選挙区設置以来、中国地方では数少ない野党の比例復活当選がある選挙区であり、自由民主党地盤が堅い中国地方の中では珍しく他党が一定の得票を獲得している。これは、中選挙区時代の鳥取県全県区時代からの傾向であり、米子市と島根県の松江市が連続した都市圏を形成していること、JR米子支社などで働く労働者が多いことがあげられる。このため旧社会党野坂浩賢内閣官房長官などを輩出するなど野党に対して一定の票が入っていた。2009年第45回衆議院議員総選挙では、自民党の赤沢亮正民主党湯原俊二が熾烈な争いを繰り広げたが、626票差で赤沢が湯原を下し、数少ない小泉チルドレンの小選挙区当選者となった(湯原も比例復活)。第46回・第47回・第48回では赤沢が圧勝し、湯原は比例復活も出来ずに落選したが、第49回では湯原が第45回以来の比例復活を果たした。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 相澤英之 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年 川上義博 無所属
第44回衆議院議員総選挙 2005年 赤沢亮正 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 鳥取県第2区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:23万4420人 最終投票率:60.20%(前回比:増加2.36%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤沢亮正60自由民主党75,005票
53.98%
――公明党推薦
比当湯原俊二58立憲民主党63,947票
46.02%
85.26%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 鳥取県第2区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:24万310人 最終投票率:57.84% (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤沢亮正56自由民主党72,827票
53.39%
――公明党推薦
湯原俊二54希望の党53,312票
39.08%
73.20%民進党鳥取県総支部連合会推薦
福住英行41日本共産党10,271票
7.53%
14.10%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 鳥取県第2区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日 (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤沢亮正53自由民主党76,579票
56.25%
――
湯原俊二52民主党49,297票
36.21%
64.37%
福住英行39日本共産党10,270票
7.54%
13.41%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 鳥取県第2区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤沢亮正51自由民主党87,395票
60.81%
――
湯原俊二50民主党45,728票
31.82%
52.32%
福住英行37日本共産党10,584票
7.36%
12.11%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 鳥取県第2区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤沢亮正48自由民主党84,659票
49.57%
――
比当湯原俊二46民主党84,033票
49.21%
99.26%
甲谷英生33幸福実現党2,082票
1.22%
2.46%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 鳥取県第2区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤沢亮正44自由民主党64,132票
37.44%
――
川上義博54無所属58,909票
34.39%
91.86%×
山内功50民主党41,533票
24.25%
64.76%
鷲見節夫60日本共産党6,711票
3.92%
10.46%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 鳥取県第2区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
川上義博53無所属52,466票
33.08%
――×
比当山内功49民主党50,989票
32.15%
97.18%
相澤英之84自由民主党45,900票
28.94%
87.49%
大谷輝子67日本共産党9,266票
5.84%
17.66%
  • 川上は相澤との自民党公認争いに敗れたため無所属で出馬。のちに自民党に復党。
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 鳥取県第2区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
相澤英之80自由民主党80,843票
50.23%
――
比当山内功45民主党67,939票
42.22%
84.04%
水津岩男50日本共産党12,153票
7.55%
15.03%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 鳥取県第2区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
相澤英之77自由民主党69,256票
46.44%
――
山内功42新進党64,199票
43.05%
92.70%
長尾達也65日本共産党15,665票
10.50%
22.62%

脚注[編集]

関連項目[編集]