神奈川県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗神奈川県第2区
衆議院小選挙区 横浜市.svg
行政区域 横浜市西区南区港南区
(2017年7月16日現在)
比例区 南関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 解散につき欠員
有権者数 437,334人
1.891 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

神奈川県第2区(かながわけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

歴史[編集]

中選挙区制時代には、西区が神奈川県第1区に、南区・港南区が神奈川県第4区(1975年(昭和50年)設置)に属した。

1994年(平成6年)の小選挙区制導入後からは第99代内閣総理大臣総務大臣党幹事長代行内閣官房長官を歴任した自由民主党菅義偉が8回連続で当選している。しかし、2000年(平成12年)、2003年(平成15年)、2009年(平成21年)には、惜敗した民主党候補が比例復活しており、圧倒的優位を保っていたとは言い難い。特に、2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では民主党の三村和也が548票差(惜敗率99.586%)まで迫り、全国の候補の中で2番目に惜敗率が高かった。2012年(平成24年)の第46回衆議院議員総選挙では、菅は三村に6万票以上の差をつけて当選し、三村に比例復活も許さなかった。

2014年(平成26年)の第47回衆議院議員総選挙では、投開票日当日のNHKの選挙特番で全国のトップを切って当確がついた菅が当選した。菅は得票も14万票を超え、全国第3位の多数得票となった[3]

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 菅義偉 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 神奈川県第2区

時の内閣:岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複


第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 神奈川県第2区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:430,845人 最終投票率:50.94%(前回比:-2.42%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
菅義偉68自由民主党123,218票
57.11%
――公明党推薦
高橋野枝43立憲民主党47,191票
21.87%
38.30%
橋本久美48希望の党28,635票
13.27%
23.24%
大貫清文60日本共産党16,699票
7.74%
13.55%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 神奈川県第2区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:423,383人 最終投票率:53.36%(前回比:-5.88%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
菅義偉66自由民主党147,084票
67.71%
――公明党推薦
三輪智恵美60日本共産党47,119票
21.69%
32.04%
岡本幸三54生活の党23,011票
10.59%
15.64%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 神奈川県第2区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
菅義偉64自由民主党138,040票
57.93%
――公明党
三村和也37民主党71,302票
29.92%
51.65%
児玉俊明50日本共産党28,947票
12.15%
20.97%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 神奈川県第2区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 最終投票率:68.3% (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
菅義偉60自由民主党132,270票
46.52%
――
比当三村和也33民主党131,722票
46.32%
99.59%
高山修53日本共産党20,366票
7.16%
15.40%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 神奈川県第2区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
菅義偉56自由民主党160,111票
58.41%
――
大出彰54民主党91,723票
33.46%
57.29%
板谷みや子61日本共産党22,284票
8.13%
13.92%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 神奈川県第2区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
菅義偉54自由民主党115,495票
49.80%
――
比当大出彰52民主党93,406票
40.28%
80.87%
湯川美和子51日本共産党22,997票
9.92%
19.91%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 神奈川県第2区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
菅義偉51自由民主党95,960票
42.30%
――
比当大出彰49民主党93,434票
41.18%
97.37%
湯川美和子48日本共産党37,485票
16.52%
39.06%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 神奈川県第2区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
菅義偉47自由民主党70,459票
32.25%
――
上田晃弘45新進党65,905票
30.16%
93.54%
大出彰45民主党44,184票
20.22%
62.71%
三輪智恵美42日本共産党30,550票
13.98%
43.36%
松永靖彦60新社会党5,855票
2.68%
8.31%
叶屋友基27自由連合1,555票
0.71%
2.21%

出典[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]