兵庫県第12区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗兵庫県第12区
衆議院小選挙区 兵庫県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 相生市たつの市赤穂市宍粟市姫路市(旧家島町夢前町香寺町安富町域)、神崎郡揖保郡赤穂郡佐用郡
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 山口壮
有権者数 295,199人
1.24 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

兵庫県第12区(ひょうごけんだい12く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

歴史[編集]

県内では最も有権者数が少ないが、面積的には5区に次いで広大な選挙区である。自民党ハト派の領袖河本敏夫地盤であったが、工業の低迷などに伴い自民党に往時ほどの勢力は見られない。

小選挙区制開始以後第45回まで河本敏夫の息子河本三郎山口壮(新進党→無所属→無所属の会→民主党)による一騎討ちが続き、第46回は民主党に対する逆風の中、三郎の後継を山口が破り議席を守った。

第47回は自民党兵庫県連が戸井田徹の息子真太郎を公認申請したが党本部が公認を見送り、民主党も候補擁立を断念、二階俊博の支援を受けた山口が再度議席を守った。翌月に山口は自民党に入党し志帥会の正会員になった。

第48回では山口は自民党の公認候補として出馬した。同選挙では隣接する11区でも松本剛明が自民党に鞍替えして出馬。両者とも4回連続小選挙区の当選となったが、党としては自民党が正式に議席を奪還した、という体裁となる(ただし、11区と異なり同区は47回において自民党の公認候補が存在せず、山口も自民党「系」無所属として当選後直ちに自民党に入党している)。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 河本三郎 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 山口壮 無所属
第43回衆議院議員総選挙 2003年 河本三郎 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 河本三郎 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 山口壮 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 山口壮 民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 山口壮 無所属
第48回衆議院議員総選挙 2017年 山口壮 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 兵庫県第12区

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:297,672人 最終投票率:54.59%(前回比:-2.17ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山口壮63自由民主党98,166票
62.8%
――公明党推薦
池畑浩太朗43希望の党38,388票
24.6%
39.1%
堀譲67日本共産党19,756票
12.6%
20.1%
第47回衆議院議員総選挙 兵庫県第12区

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:297,736 [1]人 最終投票率:56.76%(前回比:▼5.9ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山口壮60無所属77,654票
47.6%
――×
戸井田真太郎36無所属42,664票
26.2%
54.9%自民党兵庫県連支援×
村上賀厚55維新の党27,835票
17.1%
35.8%
堀譲64日本共産党14,871票
9.1%
19.2%
第46回衆議院議員総選挙 兵庫県第12区

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:301,901[2]人 最終投票率:62.72%(前回比:▼10.04ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山口壮58民主党81,528票
44.2%
――国民新党推薦
岡崎晃48自由民主党56,317票
30.5%
69.1%公明党推薦
宮崎健治46日本維新の会37,424票
20.3%
45.9%みんなの党推薦
竹内典昭37日本共産党9,232票
5.0%
11.3%
第45回衆議院議員総選挙 兵庫県第12区

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日 最終投票率:72.76%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山口壮54民主党123,325票
55.9%
――
河本三郎58自由民主党94,032票
42.6%
76.2%
山田徳太郎32幸福実現党3,148票
1.4%
2.6%
第44回衆議院議員総選挙 兵庫県第12区

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河本三郎55自由民主党115,731票
50.1%
――
比当山口壮50民主党106,566票
46.2%
92.1%
太田清幸50日本共産党8,480票
3.7%
7.3%
第43回衆議院議員総選挙 兵庫県第12区

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河本三郎53自由民主党108,479票
49.1%
――
山口壮49無所属の会103,848票
47.0%
95.7%
太田清幸48日本共産党8,468票
3.8%
7.8%
第42回衆議院議員総選挙 兵庫県第12区

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山口壮45無所属104,060票
47.5%
――×
河本三郎49自由民主党98,629票
45.0%
94.8%
太田清幸45日本共産党13,088票
6.0%
12.6%
山口歩27自由連合3,262票
1.5%
3.1%
第41回衆議院議員総選挙 兵庫県第12区

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河本三郎46自由民主党94,936票
48.7%
――
山口壮42新進党80,408票
41.3%
84.7%
太田清幸41日本共産党19,492票
10.0%
20.5%

脚注[編集]

関連項目[編集]