福井県第3区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗福井県第3区
行政区域 2013年廃止
(2017年7月16日現在)
比例区 廃止
設置年 1994年
廃止年 2013年
選出議員 廃止
有権者数 0人
0 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2017年9月1日)
テンプレートを表示

福井県第3区(ふくいけんだい3く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。2013年の小選挙区再編によって1区・2区の一部に再編された。

区域[編集]

歴史[編集]

福井県は伝統的に自民党の強い保守王国であり、第42回以降は自民党の高木毅が選出されている。第45回では自民党逆風、民主党追い風の中で民主党の松宮勲に6666票差まで詰め寄られ初の比例復活を許した。

2010年末時点で、高知3区長崎3区に次いで3番目に有権者の少ない衆議院小選挙区である。県北部から南西端まで、複数の都市圏あるいは文化圏に跨る選挙区であるため、知事や参議院地方区に近い広範な選挙・地元政治活動を強いられる。また県内の原子力発電所立地4市町をすべて含み、福井市を除いたいずれもが関連の電源三法交付金対象市町であることから、原子力施策が争点のひとつとなっている。

2013年の区割り変更に伴い、選挙区が廃止され、1区及び2区に再編された。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 辻一彦 民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 高木毅 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 高木毅 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 高木毅 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 高木毅 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 高木毅 自由民主党

選挙結果[編集]

第46回衆議院議員総選挙 福井県第3区

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高木毅56自由民主党77,543票
57.9%
――公明党推薦
松宮勲68民主党28,364票
21.2%
36.6%国民新党推薦
塚本崇38日本維新の会20,972票
15.7%
27.0%みんなの党推薦
山本雅彦55日本共産党7,048票
5.3%
9.1%
第45回衆議院議員総選挙 福井県第3区

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高木毅53自由民主党80,724票
50.8%
――
比当松宮勲65民主党74,158票
46.7%
91.9%
北野光夫42幸福実現党4,058票
2.6%
5.0%
  • 松宮は元自民党郵政造反議員で民主党入党後1区から国替え。
第44回衆議院議員総選挙 福井県第3区

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高木毅49自由民主党93,451票
60.8%
――
玉村和夫55民主党60,193票
39.2%
64.4%
第43回衆議院議員総選挙 福井県第3区

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高木毅47自由民主党85,113票
59.8%
――
玉村和夫53民主党49,395票
34.7%
58.0%
山本雅彦46日本共産党7,781票
5.5%
9.1%
第42回衆議院議員総選挙 福井県第3区

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高木毅44自由民主党81,698票
52.5%
――
辻一彦75民主党66,398票
42.7%
81.3%
小柳茂臣46日本共産党7,384票
4.7%
9.0%
第41回衆議院議員総選挙 福井県第3区

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
辻一彦71民主党52,473票
36.8%
――
高木毅40自由民主党48,762票
34.2%
92.9%
松田篤之58新進党32,426票
22.7%
61.8%
吉田一夫71日本共産党8,974票
6.3%
17.1%

脚注[編集]

関連項目[編集]