愛知県第6区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗愛知県第6区
衆議院小選挙区 愛知県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 瀬戸市(旧水野村域の一部)、春日井市犬山市小牧市
(2017年7月16日現在)
比例区 東海ブロック
設置年 1994年2002年2017年区割変更)
選出議員 丹羽秀樹
有権者数 437,410人
1.83 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2017年9月1日)
テンプレートを表示

愛知県第6区(あいちけんだい6く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2002年の選挙区割り見直しで西春日井郡7町(現在の清須市・北名古屋市・豊山町の2市1町)が5区へ移り、その代わりに犬山市10区から本区へ移管された。2017年の選挙区割り見直しで瀬戸市の一部が編入された。

歴史[編集]

中選挙区時代は旧愛知2区に属し、自民党の長老議員だった丹羽兵助地盤として自民党の一角を支えた。一方で、労組出身で非創価学会員であるにもかかわらず現在公明党の顧問を務める草川昭三衆議院議員時代の選挙区でもある。草川は春日井市を中心に「草川党」と呼ばれる堅い支持者を持ち1996年第41回衆議院議員総選挙に勝利したが2000年第42回衆議院議員総選挙民主党前田雄吉に敗れ、落選、参議院に転出した。丹羽兵助の孫である丹羽秀樹が地盤を引き継ぎ、前田と争っていたが2009年第45回衆議院議員総選挙では民主大勝の波には勝てず、前田に代わって民主党から出馬した石田芳弘が当選した。ちなみに2001年の選挙区割り改正で当時の西春日井郡7町(現在の清須市北名古屋市豊山町の2市1町)が5区へ移動し、代わりに10区だった犬山市が新しく6区に加わった。

2011年4月24日第17回統一地方選挙後半戦と同日の投票日となった、石田の名古屋市長選挙出馬に伴う議員辞職によって行われた補欠選挙において、民主党は候補擁立を見送り、5人が出馬する乱立選挙となったが、2009年の衆院選で石田に敗れた自民元職の丹羽が当選・国政復帰となり、同時に愛知県知事選に出馬するため自民党を離党(ないし除名)・議員辞職した大村秀章比例復活)に代わり、愛知県の小選挙区を地盤とする唯一の自民党衆議院議員となった。

2012年第46回衆議院議員総選挙2014年第47回衆議院議員総選挙では、丹羽が相手候補に比例復活も許さず再選した。

全体に工場や運送基地などが多く、名古屋市へ通勤・通学する住民も多い。東名高速道路小牧ジャンクションを有する交通の要衝である。無党派層が増加している地区でもある。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 草川昭三 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 前田雄吉 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 前田雄吉 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 丹羽秀樹 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 石田芳弘 民主党
第45回衆議院議員補欠選挙 2011年 丹羽秀樹 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 丹羽秀樹 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 丹羽秀樹 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 丹羽秀樹 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 愛知県第6区

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年10月22日
当日有権者数:436,625人 最終投票率:53.20%(前回比:+2.92ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
丹羽秀樹44自由民主党114,894票
50.8%
――公明党推薦
森本和義51希望の党75,069票
33.2%
65.3%
田上光徳66日本共産党23,499票
10.4%
20.5%
平山良平69社会民主党12,764票
5.6%
11.1%
第47回衆議院議員総選挙 愛知県第6区

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年12月14日
当日有権者数:422,007人 最終投票率:50.28%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
丹羽秀樹41自由民主党106,887票
52.0%
――公明党
森本和義48民主党66,037票
32.1%
61.8%
柳沢けさ美64日本共産党32,607票
15.9%
30.5%
  • 森本は以前は愛知15区で活動。第45回は同区で当選するも第46回は落選。
第46回衆議院議員総選挙 愛知県第6区

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日
当日有権者数:419,927人 最終投票率:57.37%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
丹羽秀樹39自由民主党113,991票
49.1%
――公明党
天野正基42民主党56,644票
24.4%
49.7%国民新党
水野智彦56日本未来の党37,200票
16.0%
32.6%新党大地
柳沢けさ美62日本共産党24,203票
10.4%
21.2%
第45回衆議院議員補欠選挙 愛知県第6区

当日有権者数:418,455人 最終投票率:41.94%(前回比:ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
丹羽秀樹38自由民主党 104,328票
61.4%
川村昌代44減税日本39,308票
23.2%
河江明美45日本共産党14,369票
8.5%
福原真由美50幸福実現党7,932票
4.7%
目片文夫70無所属3,842票
2.3%
第45回衆議院議員総選挙 愛知県第6区

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日
当日有権者数:416,933人 最終投票率:69.9%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
石田芳弘63民主党167,697票
58.9%
――
丹羽秀樹36自由民主党102,252票
35.9%
61.0%
長谷川浩司46無所属6,736票
2.4%
4.0%×
福原真由美49幸福実現党5,970票
2.1%
3.6%
稲垣寛之36無所属2,243票
0.8%
1.3%×
第44回衆議院議員総選挙 愛知県第6区

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日
当日有権者数:407,653人 最終投票率:66.01%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
丹羽秀樹32自由民主党126,670票
48.0%
――
比当前田雄吉45民主党113,467票
43.0%
89.6%
柳沢けさ美55日本共産党23,576票
8.9%
18.6%
第43回衆議院議員総選挙 愛知県第6区

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日
当日有権者数:402,824人 最終投票率:56.26%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
前田雄吉43民主党97,766票
44.2%
――
丹羽秀樹30自由民主党80,700票
36.5%
82.5%
三沢淳51保守新党22,131票
10.0%
22.6%
柳沢けさ美53日本共産党20,524票
9.3%
21.0%
  • 三沢は第41・42回は4区で活動。
第42回衆議院議員総選挙 愛知県第6区

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
前田雄吉40民主党97,714票
39.0%
――
草川昭三71公明党92,321票
36.8%
94.5%
辻一幸64日本共産党29,491票
11.8%
30.2%
伊藤健一62無所属の会22,617票
9.0%
23.1%
保田玲子54自由連合6,971票
2.8%
7.1%
辺見雅男35無所属1,630票
0.7%
1.7%×
第41回衆議院議員総選挙 愛知県第6区

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
草川昭三68新進党90,812票
39.7%
――
伊藤勝人51自由民主党59,631票
26.1%
65.7%
網岡雄68民主党49,074票
21.5%
54.0%
渡辺ますみ39日本共産党25,815票
11.3%
28.4%
原田勇46国民党1,107票
0.5%
1.2%
村松庸子52文化フォーラム966票
0.4%
1.1%
笠原公夫63無所属776票
0.3%
0.9%×
増田真一73政治公団太平会450票
0.2%
0.5%

関連項目[編集]