網岡雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
網岡 雄
あみおか ゆう
生年月日 1928年3月22日
出生地 三重県三重郡菰野町
没年月日 (2011-02-23) 2011年2月23日(82歳没)
出身校 岐阜薬学専門学校(現・岐阜薬科大学
所属政党 日本社会党

選挙区 旧愛知2区
当選回数 3回
在任期間 1983年12月18日 - 1986年6月2日
1990年2月18日 - 1996年9月27日

選挙区 名古屋市千種区選挙区
当選回数 5回
在任期間 1959年4月30日 - 1979年4月29日
テンプレートを表示

網岡 雄(あみおか ゆう、1928年3月22日 - 2011年2月23日)は、日本政治家衆議院議員(3期)。

経歴[編集]

三重県三重郡菰野町出身。1951年、岐阜薬学専門学校(現岐阜薬科大学)卒業。薬剤師になる[1]

1959年愛知県議会議員に名古屋市千種区選挙区から立候補し初当選[2]。以後5期20年県議を務め、日本社会党愛知県本部書記長、副委員長を歴任した。

1979年第35回衆議院議員総選挙衆議院旧愛知2区から社会党公認で立候補するが次点で落選。1980年の総選挙も次点で落選。

1983年第37回衆議院議員総選挙において初当選。1986年の総選挙は落選。1990年の総選挙で返り咲く。1993年の総選挙で3期目の当選。

1996年社会民主党を経て、民主党に参加。同年の第41回総選挙愛知6区から出馬するも落選した。

2011年2月23日、肺炎で死去[3]。82歳没。

政策[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 前・元薬剤師国会議員の先輩方”. 日本薬剤師政治連盟. 2011年7月9日閲覧。
  2. ^ 『愛知県議会史 第十巻』 愛知県議会、1983年3月15日、427頁。
  3. ^ “網岡雄・元衆院議員が死去”. 日本経済新聞. (2011年2月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2306T_T20C11A2CC1000/ 2018年7月10日閲覧。 

参考文献[編集]