田中斉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中 斉(たなか ひとし、1897年明治30年)10月4日 - 1966年昭和41年)12月27日)は、愛知県出身の政治家実業家

経歴[編集]

1920年(大正9年)、明治大学専門部商科卒業。

1923年(大正12年)、ジョンズホプキンズ大学大学院修了。

新聞業界でキャリアを積み、1942年(昭和17年)まで新愛知新聞中日新聞の前身)の主幹兼編集局長、国民新聞東京新聞の前身)の経営にあたり、プロ野球大東京軍オーナー、名古屋軍代表も兼任した(大東京軍は国民新聞社を母体に創立され、国民新聞社は新愛知新聞社の支配下におかれていたため、名古屋と大東京の2球団のオーナーを兼務することとなった)。

1947年(昭和22年)、愛知2区で日本社会党より衆議院議員に当選するが公職追放となり辞職。

1956年(昭和31年)、明大教授に就任。後に商学部長となる。

1966年(昭和41年)12月27日死去。69歳。

参考文献[編集]

  • 『20世紀日本人名事典』(日外アソシエーツ 2004)