青山丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
青山 丘
あおやま たかし
Takashi Aoyama cropped 1 Conrad C Lautenbacher Takashi Aoyama and Scott Rayder 2002.jpg
生年月日 (1941-04-11) 1941年4月11日(75歳)
出生地 日本の旗 愛知県瀬戸市
出身校 慶應義塾大学法学部卒業
所属政党 自由民主党→)
民社党→)
新進党→)
自由党→)
保守党→)
(自由民主党→)
新党日本→)
国民新党
称号 旭日大綬章
法学士(慶應義塾大学・1964年

選挙区 旧愛知2区→)
愛知7区→)
比例東海ブロック
当選回数 9回
在任期間 1976年 - 1990年1月24日
1993年 - 2005年8月8日

Flag of Seto, Aichi.svg 瀬戸市議会議員
当選回数 2回
在任期間 1971年 - 1976年
テンプレートを表示

青山 丘(あおやま たかし、1941年4月11日 - )は、日本政治家勲等旭日大綬章

衆議院議員(9期)、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、衆議院労働委員長文部科学副大臣などを歴任。

概要[編集]

2002年文部科学省にてアメリカ合衆国海洋大気庁長官コンラッド・ラウテンバッハー(左から1人目)、長官首席補佐官スコット・レイダー(右から1人目)と。

愛知県瀬戸市生まれ。1964年慶應義塾大学法学部を卒業後、青山硝子に入社。

1971年、瀬戸市議会議員選挙に立候補し当選。自由民主党に所属し、以後2期務める。

衆院選立候補にあたり自民党の公認を得られなかったため、1976年第34回衆議院議員総選挙民社党から立候補し当選する。以後、落選を挟んで9回の当選を果たすことになる。民社党では最後の国会対策委員長に就任。

1990年第39回衆議院議員総選挙では落選するが、1993年第40回衆議院議員総選挙日本新党から推薦を受けて当選し中央政界に復帰。

1994年12月、新進党の結党に参加。小沢一郎に近い立場を取り、新進党分裂後は、小沢について自由党に参加した。しかし、自自連立後は、自由民主党への合流を指向するようになり、2000年の自由党分裂では保守党に参加する。しかし、選挙区の愛知7区には自由民主党公認の鈴木淳司が既にいたため、選挙協力と引き換えに自由民主党に入党。鈴木との間でコスタリカ方式を結び、自身は比例区(比例東海ブロック)から当選。

自民党では志帥会に参加。2001年小泉内閣が成立すると、文部科学副大臣に任命。

2005年7月5日郵政民営化法案衆議院本会議採決で反対票を投じた。同8月21日自由民主党を離党し、田中康夫を代表とする新党日本立党記者会見に参加、副代表に就任する。同9月11日第44回衆議院議員総選挙に比例東海ブロックより出馬するが、あと一歩届かず落選。

2006年5月、国民新党に加入、国民新党参議院比例区第1支部長に就任。

2007年7月29日第21回参議院議員通常選挙で国民新党公認で比例代表区から出馬したが、次点で落選。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙で前回と同様に比例東海ブロック(国民新党1位)より出馬したが落選。

2011年6月、旭日大綬章を受章[1]

政策[編集]

所属していた議員連盟[編集]

出典[編集]

  1. ^ 大綬章受章者
  2. ^ 救う会アンケート
  3. ^ 第155回国会 法務委員会 請願588号


議会
先代:
岡島正之
日本の旗 衆議院労働委員長
1996年 - 1997年
次代:
玉置一弥
公職
先代:
大野功統河村建夫
日本の旗 文部科学副大臣
2001年 - 2002年
岸田文雄と共同
次代:
河村建夫渡海紀三朗
党職
先代:
結成
新党日本副代表
初代 : 2005年
次代:
宮本一三