赤松勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

赤松 勇(あかまつ いさむ、1910年(明治43年)1月25日 - 1982年(昭和57年)8月30日)は、日本の政治家。衆議院議員(11期)。

来歴・人物[編集]

愛知県出身。聴講生として早稲田大学で学び中央大学で履修する[1]1926年(大正15年)、労働農民党に入党する。1931年(昭和6年)、日本労働組合総評議会に参加し中央委員になる。1937年(昭和12年)の人民戦線事件で逮捕されて4年間入獄する。

1945年(昭和20年)、日本社会党の結成に参加する。翌年の第22回衆議院議員総選挙で初当選する。以来当選11回。1970年(昭和45年)から日本社会党副委員長を務めた。1976年(昭和51年)の第34回衆議院議員総選挙で落選。

1982年(昭和57年)8月30日、死去。享年72。

著書[編集]

  • 『アンデスを越えて』(労働文化事業団、1959年)
  • 『無罪』
  • 『非武装中立論』

家族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』衆議院、1990年11月、P.15

参考文献[編集]