大谷忠雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大谷 忠雄
おおたに ただお
生年月日 1935年9月19日
出生地 愛知県名古屋市
没年月日 (2009-09-27) 2009年9月27日(74歳没)
出身校 中央大学経済学部
所属政党自由民主党→)
新生党

選挙区 旧愛知6区
当選回数 1回
在任期間 1993年7月18日 - 1995年12月5日

選挙区 名古屋市昭和区選挙区
当選回数 4回
在任期間 1979年4月30日 - 1993年7月4日
テンプレートを表示

大谷 忠雄(おおたに ただお、1935年9月19日 - 2009年9月27日)は、日本政治家。元衆議院議員(1期)、元愛知県議会議員(4期)。

経歴[編集]

愛知県名古屋市出身[1]中央大学経済学部卒業。1963年の総選挙に愛知1区から無所属で立候補するも落選。

1976年12月、水平豊彦県議(名古屋市昭和区選出)が第34回衆議院議員総選挙旧愛知6区から出馬し初当選。その後継として1979年4月、愛知県議会議員選挙自民党公認で出馬し初当選を果たした[2]。また、水平の秘書を務めた[3]

1993年6月18日衆議院が解散。同年6月30日新生党小沢一郎代表幹事から要請を受け、同党から出馬することを決意。7月1日に自民党へ離党届を提出した[4]。7月18日に行われた第40回衆議院議員総選挙旧愛知6区から新生党公認で立候補して初当選した。

同年11月15日、自身の政治団体が所得税の不正還付を受けていたことが発覚[5]。脱税額は7年間で総額約2億7千万円(重加算税約7千万円を含む)に上った[6]。在宅のまま起訴され、1995年12月5日に議員辞職した[7]

1996年3月、懲役2年6月・執行猶予5年・罰金1000万円の判決が確定[8]

第19回参議院議員通常選挙比例区自由党公認での出馬が決まった[9]が、後に自由党より撤回された[10]

2009年9月27日、胃がんのため死去[1]。74歳没。

脚注[編集]

  1. ^ a b 中日新聞』2009年10月1日付朝刊、37面、「大谷忠雄氏死去」。
  2. ^ 『愛知県議会史 第十三巻』愛知県議会、2008年3月15日、248頁。
  3. ^ 『中日新聞』1993年7月11日付朝刊、21面、「ドキュメント 選1・6区 『長男』も『二男』も当選させたい 自民党へ離党届 水平市議、涙の会見」。
  4. ^ 『中日新聞』1993年7月2日付朝刊、31面、「『小沢氏の電話で決意』 大谷氏、正式に出馬表明」。
  5. ^ 『中日新聞』1993年11月15日付夕刊、11面、「大谷代議士の政治団体 10万円寄付なのに『150万円』 政治献金水増し領収書 一部会員不正に税還付受ける」。
  6. ^ 『中日新聞』1994年6月16日付夕刊、1面、「脱税額は2億円 大谷代議士絡み不正還付事件」。
  7. ^ 衆議院会議録情報 第134回国会 本会議 第17号
  8. ^ 朝日新聞1996年3月6日朝刊23頁
  9. ^ 朝日新聞2000年12月14日朝刊32頁
  10. ^ 朝日新聞2000年12月14日夕刊10頁

参考文献[編集]