加藤進 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 進(かとう すすむ、1909年1月10日 - 1996年3月27日)は、日本教育者政治家衆議院議員参議院議員を各1期務めた(いずれも日本共産党公認)。日本共産党中央委員会顧問や同党愛知県委員会、日ソ協会愛知県連合会副会長などを歴任した。

来歴[編集]

愛知県名古屋市千種区出身。1945年名古屋帝国大学理学部数学科を卒業後、第八高等学校哲学科講師名古屋大学数学科教官に就任。この間初代愛知県教員組合副委員長を務めたほか、同県労働学校開設にも尽力した。

1963年第30回衆議院議員総選挙旧愛知1区から出馬し初当選。その後1971年第9回参議院議員通常選挙全国区から出馬し当選。1977年第11回参議院議員通常選挙で落選した。

1996年3月27日心不全のため愛知県名古屋市千種区の自宅で死去。87歳没。

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 原潜入港で放射能汚染→原因不明 米圧力で答弁変更 74年日本政府 2007年10月12日付『しんぶん赤旗
  2. ^ 国会議事録. “第75回国会 参議院 予算委員会第四分科会1号 昭和50年3月29日”. 2020年1月30日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]