片山甚市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片山 甚市(かたやま じんいち、1923年大正12年)1月31日 - 1999年平成11年)6月27日[1])は、日本の政治家日本社会党参議院議員(2期)。

経歴[編集]

徳島県出身。大阪逓信講習所卒。大阪中央電信局に勤務する。日本社会党に入り、労働組合で活動する。全電通近畿地方委員長、同中央執行副委員長などを歴任する。1974年第10回参議院議員通常選挙全国区から日本社会党公認で立候補して当選。2期務める。国会内では社会労働委員長、物価対策特別委員長などを務めた。1982年に、タバコのCMに出演した三浦友和アイドルであるかどうかが国会で審議された際の質問者であった。1986年に引退した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『Int'lecowk : 国際経済労働研究』55(2), 30頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 『Int'lecowk : 国際経済労働研究』55(2)、2000年。
議会
先代:
久保亘
日本の旗 参議院社会労働委員長
1980年 - 1981年
次代:
粕谷照美