鈴木一弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木一弘
すずき かずひろ
生年月日 1924年11月1日
出生地 神奈川県川崎市
没年月日 (2003-07-08) 2003年7月8日(78歳没)
死没地 千葉県袖ケ浦市
出身校 横浜高等工業学校(現横浜国立大学工学部)機械工学科
所属政党 (無所属→)
(公明政治連盟→)
(公明党→)
(公明→)
公明党
配偶者 和子

選挙区 全国区
当選回数 4回
在任期間 1962年7月8日 - 1986年7月7日

選挙区 川崎市選挙区
当選回数 1回
在任期間 1959年4月23日 - 1962年6月7日

当選回数 1回
在任期間 1955年4月 - 1959年3月
テンプレートを表示

鈴木 一弘(すずき かずひろ、1924年(大正13年)11月1日 - 2003年(平成15年)7月8日)は、静岡県淳一郎うめの長男として生まれる。創価学会文化部長、川崎市議、神奈川県議を経て、1962年7月、参議院議員に当選し4期務める。

経歴[編集]

1924年11月1日に、生まれる。

1944年横浜高等工業学校(現横浜国立大学)機械工学科卒業。

1946年9月、日新工業に勤務。

1954年11月、創価学会男子部第1部隊長を兼務し、初代文化部長となる。

1955年4月、 川崎市議会議員選挙に、無所属で立候補し、当選する。

1959年4月、神奈川県議会議員選挙に、無所属で立候補し、当選する。

1962年7月1日第6回参議院議員通常選挙に、全国区から無所属で立候補し、初当選する。

1964年創価学会副理事長に就く。公明党結成に参加し、公明党政策局長に就任する。

1967年2月、公明党政策局長を退任し、公明党参議院議員団長に就任する。

1980年、公明党副書記長に就任する。

1985年、公明党副委員長に就任(同時に、渡部一郎も公明党副委員長に就任)する。

1986年7月、第14回参議院議員通常選挙に立候補せず、政界を引退する。

1990年2月、第39回衆議院議員総選挙後、公明党副委員長を退任する。

2003年7月8日、死去。享年78。

エピソード[編集]

  • 池田大作著『人間革命』に登場する「鈴本実」のモデルとなる。1953年(昭和28年)、「水滸会」の席上、選抜された43名の会員の一人だった「鈴本実」は、戸田城聖に、理性と感情の制御、悟りについて質問した後、更に、戸田の本地は何か、と尋ねて、戸田の逆鱗に触れる。[1]

役職歴[編集]

  • 創価学会
    • 男子部第1部隊長
    • 文化部長
    • 副理事長
  • 公明党
    • 参議院国会対策委員長
    • 中央執行委員
    • 政策局長
    • 政策審議会長
    • 参議院議員団長
    • 副書記長
    • 副委員長
  • アジア民族協会代表理事

著書[編集]

  • 宗教と労働運動

参考文献[編集]

  • 池田大作著『人間革命』全12巻

脚注[編集]

  1. ^ 池田大作著『人間革命』第7巻 235~238頁
議会
先代:
峯山昭範
日本の旗 参議院法務委員長
1980年 - 1983年
次代:
大川清幸