吉田萬次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉田 萬次
よしだ まんじ
Yoshida Manji.jpg
生年月日 1892年3月2日
出生地 愛知県中島郡一宮町(現・一宮市
没年月日 (1958-12-21) 1958年12月21日(66歳没)
出身校 愛知県立医学専門学校
京都帝国大学
所属政党立憲民政党→)
自由党→)
自由民主党
称号 勲三等瑞宝章[1]

選挙区 全国区
当選回数 1回
在任期間 1953年5月2日 - 1958年12月21日

当選回数 2回
在任期間 1942年6月16日 - 1947年1月20日

選挙区 一宮市選挙区
当選回数 3回
在任期間 1931年9月25日 - 1932年10月10日
1935年9月25日 - 1947年1月6日

当選回数 4回
在任期間 1921年 -
テンプレートを表示

吉田 萬次(よしだ まんじ、1892年3月2日 - 1958年12月21日)は、日本政治家医師参議院議員(1期)、愛知県会議員(3期)、一宮市長(2期)、一宮市会議員(4期)などを歴任した。

来歴[編集]

愛知県中島郡一宮町(現・一宮市)に生まれる。1917年大正6年)、愛知県立医学専門学校卒業。1918年(大正7年)、吉田医院を開業[1]

1921年(大正10年)、一宮市の市制施行に際し、一宮市会議員に初当選。1927年昭和2年)、京都帝国大学医学博士を修了[2]

1931年(昭和6年)9月、愛知県会議員選挙に立憲民政党公認で初当選[3]1937年(昭和12年)、一宮市会議長に就任。1941年(昭和16年)、一宮女子商業学校を創立。

1942年(昭和17年)6月、第4代一宮市長に初当選。1945年(昭和20年)12月から、公職追放を受ける1947年(昭和22年)1月まで県会議長を務めた[4]。同年同月、市長と県議を辞職。1950年(昭和25年)10月、追放解除。

1951年(昭和26年)4月30日に行われた愛知県知事選挙に自由党公認で立候補。候補者はすべて新人の7名。当時は1位でも有効投票数の8分の3を超えないと1位、2位の決戦によるという規定があった。新聞は当初から決選投票になることを予想しており、1位が元官選知事の桑原幹根、2位が社会党推薦の桐谷勝三郎というのが大方の読みであったが、結果は桑原48万票余、吉田37万票余、桐谷27万票余で、5月11日に上位2名による決選投票が行われた。桑原577,879票、吉田574,209票。その差わずか3,670票という熾烈を極めた戦いであった。しかし吉田は「一宮市の九割九分の人が投票してくれた。男と生まれてこんなにうれしいことはない」と言って涙を流して喜んだと言われている[5][6]

1953年(昭和28年)、第3回参議院議員通常選挙の全国区に初当選(無所属クラブ)。1956年(昭和31年)、日本ユネスコ国内委員に就任。1957年(昭和32年)、第1次岸改造内閣科学技術政務次官に就任。

1958年(昭和33年)、愛知県知事選挙出馬を巡って自民党を離党[7]日本社会党推薦での出馬を目指すも、12月21日、狭心症のため参議院議員在任中に死去[8]。66歳没。同日、一宮市名誉市民となる[9]

家族[編集]

著書[編集]

  • 『戦災餘談』(1954年)

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 『日本の歴代市長 第二巻』歴代知事編纂会、1984年11月10日、468頁。
  2. ^ 参議院会議録情報 第031回国会 本会議 第6号
  3. ^ 『愛知県議会史 第八巻』愛知県議会、1971年3月30日、344頁。
  4. ^ 歴代正副議長一覧 (PDF)”. 愛知県議会 (2018年5月25日). 2019年3月14日閲覧。
  5. ^ 中日新聞』1991年1月6日付朝刊、県内版、16面、「あいち知事選物語 (5) 決選投票 大混戦・・・3670票差 “奇跡の中村区” 桑原氏が逆転勝ち」。
  6. ^ 1951年愛知県知事選の決選投票における一宮市内の票数は以下のとおり。吉田:32,747票、桑原:1,534票。
  7. ^ 朝日新聞』1958年10月27日付夕刊、東京版、1面。
  8. ^ 『朝日新聞』1958年12月22日付朝刊、東京版、9面。
  9. ^ 一宮市名誉市民”. 一宮市役所 (2017年9月13日). 2019年3月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』(大蔵省印刷局、1990年)