大隈信幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大隈 信幸
おおくま のぶゆき
Okuma Nobuyuki.JPG
大隈信幸(1948年)
生年月日 1910年5月20日
没年月日 (2004-02-28) 2004年2月28日(93歳没)
出身校 東京帝国大学経済学部卒業
前職 日立製作所従業員
現職 外務省職員
所属政党 民主クラブ
称号 侯爵
経済学士(東京帝国大学・1935年
親族 松浦詮(祖父)
大隈重信(祖父)
大隈信常(父)
松浦厚(伯父)
佐竹義準(伯父)
井上勝純(叔父)
久原房之助(岳父)

選挙区 全国区
当選回数 1回
在任期間 1947年5月3日 - 1953年4月14日

日本の旗 貴族院議員
選挙区 貴族院侯爵議員
在任期間 1947年2月15日 - 1947年5月2日
テンプレートを表示

大隈 信幸(おおくま のぶゆき、1910年5月20日 - 2004年2月28日)は、日本政治家外交官華族侯爵)。

貴族院議員、参議院議員(1期)、コロンビア駐箚特命全権大使ガーナ駐箚特命全権大使などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

東京帝国大学経済学部に入学し、1935年に卒業した[1]1938年日立製作所に入社する[1]1947年、父である大隈信常の死去にともない、爵位を襲爵し侯爵となった[1]

政界での活動[編集]

1947年2月に貴族院議員に就任したが、日本国憲法施行により貴族院が廃止されたため、3か月弱で貴族院議員としての地位を失った。また、同年4月に行われた第1回参議院議員通常選挙全国区から立候補し、当選を果たした。参議院では民主クラブに所属した。任期満了まで2か月あまりを残し、1953年4月に議員を辞職した。以降は政界での積極的な活動は行わず、再び国会議員になることはなかった。

官界での活動[編集]

1953年に参議院議員を辞職すると、同年に外務省に入省した[1]。外務省では外交官として活躍し、ウルグアイ駐箚公使コロンビア駐箚特命全権大使ガーナ駐箚特命全権大使を歴任した[1]

官界引退後[編集]

外交官を退くと、早稲田大学名誉顧問、早稲田大学校賓早稲田実業学校名誉校長早稲田高等学校名誉校長などの各種名誉職に就いた[1]2004年2月に死去、早稲田大学大隈講堂にて大学葬が行われた[2]

栄典・授章・授賞[編集]

家族・親族[編集]

華族大隈侯爵家の出身で、首相を務めた大隈重信を祖父に持つ。父は松浦家出身で養子のため重信との血縁はない。母は重信の後妻・綾子の姪という事になっているが、実際には重信が女中に産ませた子である[4]。父の信常も貴族院議員を務めた。妻は立憲政友会正統派総裁を務めた久原房之助の三女。

大隈家[編集]

  • 祖父:大隈重信(旧佐賀藩士、侯爵、政治家、教育者)
  • 養祖母:大隈綾子(重信の後妻)
  • 父:大隈信常(政治家、実業家)
  • 母:大隈光子(綾子の兄・三枝守富の三女、実際には重信の娘)
  • 妹:広沢豊子(広沢金次郎の息子広沢真吾の妻)
  • 義伯母:大隈熊子(重信と先妻の実子、南部利剛の次男の英麿を婿養子に迎えたが離婚)
  • 妻:大隈馨子(久原房之助の三女)
  • 長女:和子
  • 次女:治子
  • 三女:明子

松浦家[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 早稲田大学広報室広報課「経歴・業績等」『大隈信幸先生の御冥福をお祈り申しあげます早稲田大学
  2. ^ 早稲田大学広報室広報課「早稲田大学主催『お別れの会』について」『大隈信幸先生の御冥福をお祈り申しあげます早稲田大学
  3. ^ 『官報』第5309号「叙任及辞令」1944年9月22日。
  4. ^ 伊藤之雄大隈重信(下)「巨人」が築いたもの』中央公論新社、2019年。ISBN 978-4-12-102551-7、57-58p
爵位
先代:
大隈信常
侯爵
大隈家第3代
1947年
次代:
(華族制度廃止)