中山千夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中山 千夏(なかやま ちなつ、1948年7月13日 - )は、日本の作家。元女優テレビタレント歌手声優、元参議院議員。50年におよぶ芸歴と多彩な活動歴を持つ。

略歴[編集]

1948年熊本県生まれ。のち宮崎に、更に4歳時には大阪府布施市(現・東大阪市)に転居。芸術座での『がめつい奴』(三益愛子主演)に出演、一躍「名子役」として脚光を浴び、芸能活動の便宜上、小学5年生の時に東京へ転居する。以来、女優として舞台、テレビ、ラジオで活躍。成人すると共に活動分野が広がり、テレビタレント、歌手として、また数多くのエッセイ小説の作家として活動した。

さらに1970年代、時の女性解放運動ウーマン・リブ)に参画した後、反差別反戦などの市民運動に取り組み、1980年には参議院選挙に出馬して当選、1期を務めた。 その後は著作活動に専念するかたわら、人権や反戦の市民運動を続けている。

俳優[編集]

小学1年生の時、当時居住していた大阪府で、初めてできた児童劇団「劇団ともだち劇場」に入り、3年間学ぶ。その傍らラジオ、映画、またその間に開始した民放テレビに出演。小学5年生の時、梅田コマ劇場『母』(川口松太郎作・演出)に出演しているのを目に留めた菊田一夫が、東京・芸術座での『がめつい奴』に抜擢、「名子役」として一躍脚光を浴びた。

以後、東宝演劇部の専属俳優として舞台に出続けるかたわら、テレビやラジオでも活動した。主演テレビドラマでは、子役時代の『虹の国から』(TBS制作)、成人後の『お荷物小荷物』(ABC制作、佐々木守脚本)などがある。

テレビタレント[編集]

1967年東宝との契約を解消してフリーに。同時に主たる活動の場をテレビに移した。1968年から1976年までの8年間、日本テレビお昼のワイドショー』の司会を務め、アシスタントながら自己の主張や個性を惜しげもなく表に現す司会ぶりを見せた。同時にテレビドラマに主演し、歌手としてもヒットを飛ばし、雑誌にエッセイを連載し、単行本を次々と出版。芸能界でも「この道一筋」が一般的だった時代に、その多彩な活動は目立ち、マルチタレント、才女などと呼ばれた。

しかし、テレビメディアに疑問を持ち、『お荷物小荷物・カムイ編』(ABC制作、1971年12月~72年4月)の打ち上げで、以後ドラマには出演しないことを宣言してドラマから撤退、『お昼のワイドショー』を降板した1978年以降はじゃりン子チエ等の声優活動以外、タレントとしてのテレビ出演からもほぼ完全に撤退した。

最近では、「おんな組いのち」の活動の一環として2005年1月に開始したトーク番組「痛快!おんな組」(朝日ニュースター)のレギュラーコメンテーターとして月一回、テレビに姿を見せている。

歌手[編集]

デビュー前の小学1年生の時、大阪で開かれた毎日音楽コンクールに出場し、「ないしょばなし」を歌って優勝。子役時代にはドラマの主題歌や副主題歌を歌い、中にはSPレコードで発売されたものもある。

高校時代、NHKの人形劇「ひょっこりひょうたん島」では多くの挿入歌を歌い、その作曲家・宇野誠一郎の指導を得て、ボイストレーニングを受けた。当時は主としてNHKで子ども番組の主題歌や「みんなのうた」などで活躍し、舞台でもいくつかの東宝ミュージカルに出演した。

だが歌手としての本格的なデビューは、1969年9月にビクターレコードより発表されたポップス「あなたの心に」(自作詞 / 作曲:都倉俊一)。当年度レコード大賞新人賞にノミネートされるほどのヒット(オリコン2位)となった。この曲はのちに、以下のように多くのカバーを生んだ。

同年12月には同じ作詞・作曲者による「止まらない汽車」がヒット(オリコン41位)。また1970年代には当時の夫でピアニスト・作曲家の佐藤允彦と組んだレコード等、以後も多くの作品を残しているが大きなヒットはない。ライブ活動に不熱心だったが、かえって年をとってから集会や知人のコンサートなどで歌うことが多くなっている。

なお、テレビ番組の主題歌としては、NHKの学校生活指導・道徳番組「明るいなかま」(1962~1986)、フジテレビの永井豪原作アニメ「ドロロンえん魔くん」(1973~1974、オープニング・エンディング歌唱。作詞も本人)、「山ねずみロッキーチャック」の「緑の陽だまり」(1973年、オープニングテーマ、作詞を担当)が有名である。

1999年にはブルース・インターアクションズより、ビクター時代の音源22曲を収録したCDと、本人による楽曲解説ほかを掲載したブックレットを組み合わせた『歌手中山千夏 おりじなる・ふぁーすと・あるばむ』が発売された。

声優[編集]

1960年代に放送されたNHK総合テレビ『ひょっこりひょうたん島』の博士役が声優としての初仕事。 1970年9月に公開されたアニメラマ(劇場用アニメ)「クレオパトラ」(虫プロダクション)のクレオパトラの声優。 1981年に公開された映画及び1981~1983年に放送(その後1991年に関西ローカルで続編放送)された毎日放送じゃりン子チエ』ではヒロインの竹本チエ役の声を担当。漫才師の西川のりお(竹本テツ役)との名コンビで人気を博した。また、1972~1982年の10年間にわたって放送されたドキュメンタリー番組『驚異の世界・ノンフィクションアワー』(日本テレビ)でもナレーターを担当した。

社会活動[編集]

1970年代、世界を席巻した女性解放運動(ウーマン・リブ)に参画、「新宿ホーキ星」グループの運営に関与、解散まで数年間活動する。1977年、芸術家や知識人からなる政治団体革新自由連合の結成に参加し、代表の一人となる。

1975年田原総一朗(当時東京12chディレクター)らが中心となった団体の「日本ジャーナリストクラブ」の運営資金捻出のための長時間討論会「のんすとっぷ24時間討論会」新宿コマ劇場)が行われ、中山はその司会者として参加した。

1980年6月22日第12回参議院選挙に全国区から出馬して当選し、美濃部亮吉山田耕三郎とともに院内会派「一の会」を結成、1期を務めた。しかし、1983年6月26日第13回参議院選挙で全国区が廃止され、政党を基盤とする比例代表制に移行したことから、改選となる1986年7月6日第14回参議院選挙には無所属東京都選挙区から出馬するが次点で落選。その時の公約通り、以後は選挙に出馬することなく、一市民としての社会活動に徹している。

時に社民党、民主党、共産党などと共闘することはあるが、根っからの政党政治嫌いで、支持政党はなく、政治的支援は無所属候補、無所属議員に限っている。

現在は、2004年に結成した「おんな組いのち」を拠点に、反戦、反DV死刑廃止の主張を展開。「おんな組いのち」では、伊豆半島某所在住にちなんで「在日伊豆半島人」を名乗っている。

天皇制については「後継者は直系に限り、性別は問わない。世襲の強制をやめて、当人の意志を必須の条件とする」べきだと考えている[1]

また、2002年~2007年の間、連続講座「学校ごっこ」(定期講師陣は中山のほかに永六輔矢崎泰久小室等)を主催した。

著作[編集]

1970年8月に出した童話『よそのそよ』が最初の単行本。2010年現在までに、70点以上を出版している。そのジャンルは多岐にわたり、ノンフィクションでは、時事的エッセイ、国会議員活動記録、女性論、死刑廃止論、古事記研究、伝記などがあり、創作では、小説、童話、絵本がある。

週刊文春』の企画グラビア「天下の大物」(1969~1971年)に連載した短文を高く評価されて以来、本格的に著作活動を行うようになった。70年代半ばには小説も書き始め、『子役の時間』(1980年6月文藝春秋より同名の小説集を出版)ほかで3度直木賞候補となる。同作は後年、数カ国語に翻訳され、英国ではインデペンデント紙の月間最優秀海外フィクション賞を受賞している。

人権を子ども向けに説いた『妹たちへの手紙』(1984年、国土社)や、女性を扱った『からだノート』(1977年、ダイヤモンド社。1997年増補改定版『新・からだノート』をネスコより出版)は、多くの読者を得てロングセラーとなった。

また2004年には絵本にも手を染め、その一冊『どんなかんじかなあ』(絵・和田誠)はその年度の日本絵本賞を受賞した。

なお、自著エッセイの挿絵はすべて自分で描いている(小説・童話の挿絵もあり)が、2005年に初の描きおろし個展を開催、その作品をピクチャーブック『いろどり古事記』(2006年9月、自由国民社)として出版した。

また2006年6月に出版したノンフィクション『妖精の詩』は、同年度「ボップ・カルチャー・アワード[2]」出版部門のベスト1作品に選出された。

現在、『母の友』『週刊金曜日』『伊豆新聞』に連載を持っている。近著にノンフィクション『海中散歩でひろったリボン~ボニンと益田一~』(2008年2月、KTC中央出版)、対談集『ぼくらが子役だったとき』(2008年8月、株式会社金曜日)、自身の母娘関係を分析した『幸子さんと私』(2009年8月、創出版)がある。

  • よそのそよ 講談社 1970
  • 千夏千記 私の人間食べ歩き 大和書房 1972
  • 電車で40分 大和書房 1973
  • 小さな願い サンリオ出版 1973
  • 地球で見たこと 日本放送出版協会(NHKブックスジュニア) 1974
  • 旅はツレアイ 日本交通公社 1974
  • 偏見レポート 文藝春秋 1974 のち文庫
  • 千夏一記 でなおします 大和書房 1974
  • 千夏回記 芸能人の帽子 大和書房 1977.3
  • 偏見自在 文藝春秋 1977.4 のち文庫
  • 男たちよ! 話の特集 1977.5 のち河出文庫
  • からだノート ダイヤモンド社 1977.6 のち文春文庫
  • 恋あいうえお 話の特集 1978.4 のち文春文庫
  • 中山千夏ヴァラエティブック 大和書房 1978.9
  • 中国ノート 話の特集 1979.2
  • 偏見ごおごお 文藝春秋 1979.7
  • ダブルベッド 話の特集 1980.5 のち文春文庫
  • 子役の時間 文藝春秋 1980.6 のち文庫
  • クワルテット 話の特集 1980.12
  • 中山千夏議員ノート 1-8 話の特集 1981-1983
  • 偏見人語 文藝春秋 1981.10
  • 鏡の国のアリス 千夏レポート 朝日新聞社 1983.6
  • 偏見ごめん 文藝春秋 1984.3
  • 夢うつつ物語 ほんとの日本神話 話の特集 1984.12
  • 妹たちへの手紙 国土社 1984 (青春ノート)
  • 国会という所 岩波新書 1986.4
  • ヒミカ(卑弥呼) むかし倭国に女王がいた ブロンズ新社 1987 (にんげんの物語)
  • 現代日本女性の気分 毎日新聞社 1987.7
  • 中山千夏のスパイシーエッセイ・アラビアータ 徳間書店 1989.12
  • 新・古事記伝 1-3 築地書館 1990.9
  • タアキイ 水の江滝子伝 新潮社 1993.2
  • 姫たちの伝説 古事記にひらいた女心 築地書館 1994.4
  • スクーバ・ダイビング入門海に潜った! 築地書館 1995.5
  • モリーの華麗な性生活 マガジンハウス 1995.2
  • ヒットラーでも死刑にしないの? 築地書館 1996.11
  • おんな(一語の辞典) 三省堂 1997.10
  • 新・からだノート ネスコ 1997.10 (女のココロとカラダシリーズ)
  • イザナミの伝言 古事記にさぐる女の系譜 築地書館 1998.6
  • 三日月の船 一葉社 1998.12
  • ひらりひらりと 新潮社 1999.6
  • カネを乗りこえる マンバのカネ批判 大月書店 2002.1 (Somo-somo sosyo)
  • 無理愛 飛鳥新社 2002.5
  • 『古事記』に聞く女系の木霊 御茶の水書房 2003.9 (神奈川大学評論ブックレット)
  • 死刑は誰を救うのか 中山千夏と語る 死刑をなくす女の会編 一葉社 2004.9
  • となりのイカン 自由国民社 2004.10
  • へんなの 自由国民社 2004.10
  • いきてる 自由国民社 2004.10
  • おとしものしちゃった 自由国民社 2005.3
  • あげたおはなし 自由国民社 2005.5
  • どんなかんじかなあ 自由国民社 2005.7
  • 妖精の詩 飛鳥新社 2006.6
  • いろどり古事記 自由国民社 2006.9
  • 友だちの作り方 幸せな関係を築く大人のためのトレーニング 河出書房新社 2007.3
  • 海中散歩でひろったリボン ボニン島と益田一 ゆいぽおと 2008.2
  • ぼくらが子役だったとき 金曜日 2008.8
  • 幸子さんと私 ある母娘の症例 創出版 2009.8

共著[編集]

  • 精力舌論 矢崎泰久 話の特集 1975
  • バラの花など唇に 矢崎泰久 話の特集 1978 (狭間組見聞録)
  • モンク・トーク 矢崎泰久 文藝春秋 1981.3
  • 湿った火薬 小説革自連 矢崎泰久 学陽書房 1984.3
  • お聖千夏の往復書簡 田辺聖子 集英社文庫 1989

趣味[編集]

43歳にして始めたスキューバー・ダイビングと、53歳にして始めたパソコンにハマっている。

ダイビングは2010年現在、700本を越すベテランで、冬場でも最低月1日は伊豆の海に潜ることが続いているという。その経験は『海中散歩でひろったリボン ボニン島と益田一』に詳しい。

パソコンでは、元来のゲーム好きから、近年オンラインゲームに熱中するところとなり、「オンラインゲームにハマっている著名人」として少々知られるようになった。2006年、ゲーム上でおきたある事件をきっかけにブログを立ち上げ、主にブログの内容を中心にしながらも、ネットで体験した恋愛を赤裸々に綴った『妖精の詩』(ブログと同タイトル)を発刊した。ブログによれば、ネット・ラブは、2010年現在、続いている。

補足事項[編集]

伊東市民[編集]

長年、東京都民だったが、2007年11月、伊東市に転居、伊東市民となっている。

皇室寸劇事件[編集]

2006年11月19日日比谷公会堂で開かれた『週刊金曜日』主催の「ちょっと待った! 教育基本法改悪 共謀罪 憲法改悪 緊急市民集会」に参加。

その一部について『週刊新潮』が12月7日号で『悠仁親王は「猿のぬいぐるみ」!/「陛下のガン」も笑いのネタにした「皇室中傷」芝居/「永六輔、中山千夏、矢崎泰久佐高信」らが参加した緊急市民集会。美智子皇后君が代を貶める「不敬で下劣」なイベントに観客は凍りついた。』との見出しで批判的に報道。

これによって集会で問題のコント(「さる高貴なご一家」)を演じた劇団「他言無用」と雑誌『週刊金曜日』に対して、主に右翼団体などによる抗議行動が行われた。 その結果、劇団はホームページ上で謝罪し、『週刊金曜日』も2006年12月22日発売号で謝罪文を掲載した[3]

コントの最後に登場し、「美しい国」についてコントの演者に質問し、引き続くトークシーンで「象徴天皇制」に関する持論の概要を述べた[4]。中山は『』2007年3月号で「「皇室寸劇封印事件」 被害者からの提言 人権と天皇と風刺について」と題し、この件に触れている。

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中山の持論
  2. ^ ポップ・カルチャー・アワード
  3. ^ 週刊金曜日の「読者」に対しての見解
  4. ^ 中山の持論 中山は象徴天皇制天皇制廃止論は矛盾しないという持論を述べた

外部リンク[編集]