コンテンツにスキップ

藤原道子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤原道子
ふじわら みちこ
1948年
生年月日 1900年5月26日
出生地 岡山県児島郡
没年月日 (1983-04-26) 1983年4月26日(82歳没)
前職 看護婦
所属政党 日本社会党(1946-51)→
左派社会党(1951-55)→
日本社会党
称号 従三位
勲一等瑞宝章
参院永年在職議員表彰
配偶者 山崎釼二

選挙区 全国区
当選回数 4回
在任期間 1950年6月4日 - 1974年7月7日

選挙区 静岡県→
静岡県第2区
当選回数 2回
在任期間 1946年4月10日 - 1948年12月23日
テンプレートを表示

藤原 道子(ふじわら みちこ、1900年5月26日 - 1983年4月26日)は、日本政治家衆議院議員(2期)、参議院議員(4期)。衆議院議員時代は、山崎 道子(やまざき みちこ)で活動した。

経歴

[編集]

1900年5月26日岡山県児島郡(旧宇野町、現玉野市[1])出身。幼少期に生家が没落したため小学校を5年で中退して印刷女工などをしながら後に上京、1915年看護婦試験に合格[1][2]賀川豊彦の影響を受けてクリスチャンとなる[2]。派出看護婦、巡回産婆も経験し1925年日本労農党山崎釼二と結婚、夫婦で貧困と戦いながら農民運動に勤しんだ[1]1946年の総選挙で静岡県(大選挙区の全県1区)から日本社会党より「山崎道子」として立候補して初当選[1]翌年の総選挙からは静岡2区から立候補して当選。この選挙では夫の山崎も同じ選挙区から無所属で立候補した(落選)。1948年山崎と離婚[1]1949年の総選挙で落選。以後、「藤原道子」として1950年から参議院全国区に回り[1]、4期連続当選した[2]売春防止法制定、婦人問題に取り組み、社会党女性議員の代表格として活動、参議院労働委員長、同法務委員長同決算委員長を務めた[1][2]

1972年秋の叙勲で勲一等瑞宝章受章、同年参院永年在職議員表彰[1]

1983年4月26日死去、82歳[2]。死没日をもって従三位に叙される[3]

人物

[編集]

新東京国際空港(現成田国際空港)の一坪共有地の名義人の1人であった[4]

著書

[編集]
  • ひとすじの道に生きる―藤原道子自伝(集団形星、1972年)
    • 藤原道子―ひとすじの道に生きる(日本図書センター、1998年)

参考文献

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ a b c d e f g h "藤原 道子". 20世紀日本人名事典 / 新訂 政治家人名事典 明治~昭和. コトバンクより2023年2月13日閲覧
  2. ^ a b c d e "藤原道子". デジタル版 日本人名大辞典+Plus. コトバンクより2023年2月13日閲覧
  3. ^ 『官報』第16874号9-10頁 昭和58年5月6日号
  4. ^ 第065回国会 予算委員会 第7号”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館. 2019年2月4日閲覧。
議会
先代
柴谷要
日本の旗 参議院決算委員長
1965年 - 1966年
次代
鶴園哲夫
先代
高橋進太郎
日本の旗 参議院法務委員長
1955年
次代
成瀬幡治
先代
栗山良夫
日本の旗 参議院労働委員長
1954年 - 1955年
次代
廃止