奥主一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥 主一郎(奧、おく しゅいちろう、1894年明治27年)9月12日[1] - 1976年昭和51年)11月22日[1][2])は、日本の実業家政治家貴族院多額納税者議員参議院議員

経歴[編集]

京都府出身[1][2]。政治家・奥繁三郎の長男として生まれる[3]。1919年(大正8年)慶應義塾大学理財科を卒業した[1][2]。同年、三井銀行に入行した[4]

以後、京都倉庫社長[3]、京都瓦斯副社長、愛宕山鉄道監査役、渡良瀬水電監査役、帝国瓦斯協会(現日本ガス協会)参事、丸物百貨店取締役、山城八幡銀行取締役、安田火災海上保険(現損害保険ジャパン)取締役、大日本政治会京都支部幹事長などを務めた[2]

1942年(昭和17年)5月19日に貴族院多額納税者議員に任じられ[3][5]交友倶楽部に属して活動し、1947年(昭和22年)5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]。同年4月、第1回参議院議員通常選挙京都地方区から日本自由党所属で出馬して当選(補欠、任期3年)し、参議院議員を1期務めた[3][4]。この間、国民民主党に所属し、参議院決算委員長に在任した[4]

その他、日本証券取引所評議員、立命館大学理事、京都商工会議所常議員 などを務め[4]、1955年(昭和30年)京都取引所理事長に就任した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『京都府人物・人材情報リスト 2019』第1巻、14頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』193頁。
  3. ^ a b c d 『京都市姓氏歴史人物大辞典』209頁。
  4. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』274-275頁。
  5. ^ 『官報』第4605号、昭和17年5月20日。

参考文献[編集]

  • 『京都府人物・人材情報リスト 2019』第1巻、日外アソシエーツ、2018年。
  • 京都市姓氏歴史人物大辞典編纂委員会編著『京都市姓氏歴史人物大辞典』角川日本姓氏歴史人物大辞典26、角川書店、1997年。
  • 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。