小林亦治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 亦治(こばやし またじ、1907年明治40年)5月[1][注 1] - 1982年昭和57年)8月10日[1][2][3])は、日本の弁護士政治家参議院議員

経歴[編集]

山形県[1][2]最上郡[3]出身。1931年(昭和6年)[1][注 2] 日本大学法律学科を卒業した[1][2]

1941年(昭和16年)司法官試補に任官し、判事として東京地方裁判所仙台地方裁判所青森地方裁判所で勤務[1]。1944年(昭和19年)山形市で弁護士を開業した[1]。山形県農地相談所長、山形新聞論説委員、労農救援会長などを務めた[1]

1950年(昭和25年)6月の第2回参議院議員通常選挙山形地方区から日本社会党所属で出馬して当選し、参議院議員を1期務めた[1][2][3]。この間、日本社会党山形県連会長、同顧問、参議院決算委員長、裁判官弾劾裁判所裁判長などを務めた[1][2][3]

その後、山形県弁護士会長を5期務めた[2]。1982年8月、急性腎不全により山形市の山形大学医学部附属病院で死去(75歳)した[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『新訂 政治家人名事典』254頁では明治24年生。75歳没であるので明治40年の誤植と思われる。
  2. ^ 『新訂 政治家人名事典』254頁では昭和9年。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』307頁。
  2. ^ a b c d e f 『新訂 政治家人名事典』254頁。
  3. ^ a b c d e 『現代物故者事典 1980〜1982』133頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代物故者事典 1980〜1982』日外アソシエーツ、1983年。