小山長規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小山 長規
こやま おさのり
生年月日 1905年6月10日
出生地 宮崎県西諸県郡小林村
(現・小林市
没年月日 (1988-01-31) 1988年1月31日(82歳没)
出身校 東京帝国大学法学部
前職 三菱銀行労組委員長
所属政党国民協同党→)
民主自由党→)
自由党→)
自由民主党
称号 勲一等旭日大綬章

内閣 第1次田中角栄内閣
在任期間 1972年7月7日 - 1972年12月22日

日本の旗 第23-24代 建設大臣
内閣 第3次池田改造内閣
第1次佐藤内閣
在任期間 1964年7月18日 - 1965年6月3日

選挙区 旧宮崎2区
当選回数 12回
在任期間 1949年1月24日 - 1953年3月14日
1955年2月28日 - 1976年12月9日
1979年10月8日 - 1986年6月2日
テンプレートを表示

小山 長規(こやま おさのり、1905年6月10日 - 1988年1月31日)は、日本の政治家民主自由党自由党自由民主党衆議院議員(12期)。

略歴[編集]

宮崎県出身。1929年東京帝国大学法学部卒業後、三菱銀行入行。労組初代委員長を経て[1]1949年の衆議院議員総選挙に旧宮崎2区から吉田茂率いる民主自由党公認で立候補し初当選。通算当選12回。その後は自由党を経て、1955年保守合同による自由民主党結党に参加。

自民党内では宏池会に属し、防衛政務次官、衆議院農林水産委員長などを歴任後、1964年第3次池田改造内閣建設大臣として初入閣。同年池田勇人首相の病気退陣に伴い発足した第1次佐藤内閣でも再任された。その後も環境庁長官、裁判官弾劾裁判所長、衆議院予算委員長などを歴任。1986年政界から引退。宏池会の最長老だった。

1988年1月31日死去。82歳没。

当選同期[編集]

佐藤栄作岡崎勝男前尾繁三郎橋本龍伍麻生太賀吉小渕光平西村英一橋本登美三郎福永健司塚原俊郎藤枝泉介木村俊夫稲葉修河本敏夫床次徳二有田喜一など

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)
議会
先代:
田村元
日本の旗 衆議院予算委員長
1980年 - 1981年
次代:
栗原祐幸
先代:
吉川久衛
日本の旗 衆議院農林水産委員長
1960年
次代:
坂田英一
公職
先代:
大石武一
日本の旗 環境庁長官
第3代:1972年
次代:
三木武夫
先代:
河野一郎
日本の旗 建設大臣
第23-24代:1964年 - 1965年
次代:
瀬戸山三男
党職
先代:
坊秀男
自由民主党税制調査会長
第6代 : 1963年 - 1964年
次代:
坊秀男