臼井荘一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
臼井 荘一
Usui Soichi.JPG
1955年
生年月日 1902年7月26日
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市深川区越中島
没年月日 (1987-10-18) 1987年10月18日(85歳没)
出身校 早稲田大学商学部
所属政党 自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
勲一等瑞宝章
千葉市名誉市民
商学士早稲田大学
親族 臼井日出男(三男)
臼井正一(孫)

内閣 第3次池田内閣 (改造)
第1次佐藤内閣
在任期間 1964年7月18日 - 1965年6月3日

選挙区 旧千葉1区
当選回数 8回
在任期間 1952年10月1日 - 1969年12月27日
1972年12月10日 - 1976年12月5日

選挙区 千葉県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1981年3月8日 - 1983年6月26日

当選回数 1回

当選回数 3回
テンプレートを表示

臼井 荘一(臼井 莊一[1]、うすい そういち、1902年明治35年〉7月26日[2][3] - 1987年昭和62年〉10月18日[3][4][5])は、大正から昭和期の政治家実業家千葉興行2代目社長。総理府総務長官衆議院議員(8期)、参議院議員(1期)。位階正三位勲等は勲一等。千葉市名誉市民学位商学士早稲田大学)。剣道六段[2]

来歴・人物[編集]

東京市深川区越中島(現在の東京都江東区越中島)で建築材料商の家に生まれた[2]。1920年(大正9年)3月、旧制・東京府立第三中学校(現在の東京都立両国高等学校)を卒業し[2]1925年(大正14年)3月、早稲田大学商学部商学科を卒業[2][3][4][5]大日本麦酒に入社した[2][5]

父の病のため[3]1925年11月、大日本麦酒を退職して千葉市に転居[2]。家業のセメント業から父臼井真三が起こした興行業(千葉興行株式会社、西友新検見川店のビルオーナー、シネマックスなどの映画館)で、千葉市を中心に劇場映画館を経営した。

1933年(昭和8年)2月、千葉市会議員に当選して3期在任し[2][3]、同議長も務めた[2]。1942年(昭和17年)11月、千葉県会千葉市選挙区補欠選挙て無投票当選し[2]、1946年(昭和21年)11月まで県会議員を1期務め[2][3]、同参事会員にも在任した[2]

戦後は公職追放を経て[6]、追放解除後の1952年(昭和27年)第25回衆議院議員総選挙千葉県第1区から出馬して衆議院議員に初当選を果たし[7][8]、以後8期務める[2][3][4]。当選同期には、福田赳夫大平正芳黒金泰美内田常雄植木庚子郎丹羽喬四郎灘尾弘吉宇都宮徳馬加藤精三山崎巌今松治郎重政誠之町村金五古井喜実らがいる。この間、第1次岸内閣文部政務次官衆議院沖縄問題等特別委員長、同文教委員長、同大蔵委員長、同外務委員長、同決算委員長、弾劾裁判所裁判長、日本民主党代議士会副会長、自由民主党副幹事長、同政務調査会副会長、同千葉県連会長、千葉市社会福祉協議会長、日本遺族会副会長、千葉県遺族会長、千葉県肢体不自由児協会会長などを務めた[2][4][5]

1964年(昭和39年)10月15日、東京オリンピック・デモンストレーション剣道試合において園田直と戦い引き分ける。

第3次池田内閣改造内閣に当時非国務大臣であった総理府総務長官として就任。第1次佐藤内閣で総理府総務長官に再任。1965年(昭和40年)5月19日に総理府総務長官が国務大臣となるも、同年6月3日に国務大臣総理府総務長官を離任したため、臼井の閣僚在任期間はわずか16日間となった。

1976年(昭和51年)、第34回総選挙に落選して[9]、いったんは政界を引退する。地盤は三男の日出男が継ぐものの、1981年(昭和56年)に行われた参議院議員補欠選挙で自民党公認として出馬当選し[10]1983年(昭和58年)まで務めた。早稲田大学評議員として、早稲田大学100周年事業の新学部、キャンパス選定で幕張派として活動したが、所沢派に敗れた。

1986年、千葉市名誉市民に選ばれる[11]

1987年(昭和62年)10月18日死去、85歳。死没日をもって勲一等旭日大綬章追贈、正三位に叙される[1]

国政選挙歴[編集]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『官報』第18205号8-9頁 昭和62年10月24日号
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『千葉県議会史:議員名鑑』154頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 『現代政治家人名事典』70頁。
  4. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』92頁。
  5. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』257頁。
  6. ^ 公職追放の該当事項は「東方会千葉支部長翼壮団長」。(総理庁官房監査課 編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年、706頁。NDLJP:1276156 
  7. ^ a b c 『国政選挙総覧 1947-2016』99頁。
  8. ^ 千葉1区 - 第25回衆議院議員選挙(衆議院議員総選挙)1952年10月01日投票 | 選挙ドットコム” (日本語). 選挙ドットコム. 2020年6月30日閲覧。
  9. ^ a b c 『国政選挙総覧 1947-2016』102頁。
  10. ^ a b 『国政選挙総覧 1947-2016』438頁。
  11. ^ 千葉市. “千葉市の名誉市民・市民栄誉賞・市長特別表彰” (日本語). 千葉市. 2020年6月30日閲覧。
  12. ^ a b c 『国政選挙総覧 1947-2016』100頁。
  13. ^ a b c 『国政選挙総覧 1947-2016』101頁。

参考文献[編集]

  • 『千葉県議会史:議員名鑑』千葉県議会、1985年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代政治家人名事典』日外アソシエーツ、1999年。
  • 『国政選挙総覧:1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。

関連項目・人物[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代
野田武夫
日本の旗 総理府総務長官
第11代:1964年 - 1965年
次代
安井謙
議会
先代
宇都宮徳馬
日本の旗 衆議院決算委員長
1973年 - 1975年
次代
井原岸高
先代
赤沢正道
日本の旗 衆議院外務委員長
1964年
次代
安藤覚
先代
小川平二
日本の旗 衆議院大蔵委員長
1962年 - 1963年
次代
山中貞則
先代
坂田道太
大平正芳
日本の旗 衆議院文教委員長
1959年
1960年(代理)
次代
大平正芳
秋田大助